• 協和発酵キリン
文字サイズ

乾癬は、尋常性乾癬や関節症性乾癬、滴状乾癬、膿疱性乾癬、乾癬性紅皮症などが知られています。ここでは、最も患者さんの多い尋常性乾癬を中心に紹介します。

尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)とは?

【監修】自治医科大学皮膚科学 教授 大槻マミ太郎先生
尋常性乾癬とは、皮膚が赤く盛り上がり、その上に乾燥した角質が厚く付着し(鱗屑)、それがぼろぼろとはがれ落ちる(落屑)皮膚の病気です。乾癬と呼ばれるもののなかで、9割近く(*1)が尋常性乾癬といわれています。
(*1)出典:公益社団法人 日本皮膚科学会ホームページより
どんな症状?
・白いフケのようなもの(鱗屑)を伴う赤い斑(紅斑)が特徴で、ブツブツ(丘疹)ができることもあります。
・皮疹と正常な皮膚との境界線が、はっきりしています。
・頭部、肘や膝、腰臀部、下腿などによくみられます。
・長期間にわたって症状の悪化と軽快をくり返します。
・強いかゆみを伴うことがあります。
・正常な皮膚を掻くことで皮疹が広がることがあります(ケブネル現象)。
・鱗屑を無理にめくると点状の出血がみられます(アウスピッツ現象)。
・触れてもうつる疾患ではありません。

・日本での患者平均年齢は40歳弱ですが、男性(平均40歳)のほうが女性(平均36歳)よりもやや高いと考えられています。また、発症する年齢は20〜60歳と幅広く、20歳代と40〜50歳代、2つの 発症ピーク時期があるといわれています(*2)。

乾癬好発部位
(*2)出典: 飯塚一『皮膚科臨床アセットI』, 中山書店. p2, 2012
髪の生え際から額にかけての症状
※無断転載禁止

頭部から前額部にかけて、特に髪際を超える形で、厚い鱗屑を付着した局面がみられます。症状は頭部に初発することが最も多いとされています。

下肢にみられる症状
※無断転載禁止

下肢、特に膝や下腿などの擦れやすい部分にも症状は出やすく、かゆみはあることもないこともあります。

爪甲の剥離や混濁、凹凸
※無断転載禁止
多数の小さな窪み(pitting)
※無断転載禁止

約半数の患者さんに何らかの爪の変化がみられ、それは小さな窪みや凹凸だったり、爪が剥離してきたり、黄色っぽく濁ったり、症状は様々です。中には爪と爪のまわりだけにしか症状がみられない場合もあります。

ケブネル現象の例
※無断転載禁止

症状が出ていない部分の皮膚を引っかいたり傷つけたりすることで、その場所に新たに症状が出てくる現象。衣類などの刺激でもおこります。

病態
免疫反応による皮膚の炎症反応と、表皮をつくる細胞の異常増殖の悪循環がくり返されることにより、乾癬に特徴的な皮疹が形成されていると考えられています。
かゆみの悪循環の図

※無断転載禁止

KK-16-05-14207