• 協和発酵キリン
文字サイズ
晴れやかソライアシスライフ
  • プリントして楽しもう!「親子のお楽しみコーナー」
  • 用語集
  • 受診する前に!かゆみセルフチェック
  • お役立ち情報
  • 花粉症ナビ

病院に行こう お医者さんにきちんと「かゆみの程度」を伝え、自分に合った治療を受けることが大切です。

かゆみの治療では原因をみつけることが重要です。ここでは、病院で行われるアレルギーがあるかどうかの判定、皮膚症状を悪化させる物質やかゆみの原因物質を特定するための検査法を紹介します。ただし、これらの検査で陽性だったとしても、その物質が必ずしも悪化因子となるとは限りません。これらの検査は、診断の補助的な手段であることを念頭におきましょう。
スクラッチテスト
考えられる原因物質(ダニ、ハウスダスト、卵などの抗原物質)を溶かした液体を皮膚にたらし、皮膚表面に針で傷をつけることによって皮膚内部に浸透させ、異常な反応(赤く腫れる反応)が現れるかどうかをみます。どの抗原物質に反応する抗体が体内で産生されているかを調べることができます。
パッチテスト
かぶれの原因物質を調べる方法です。パッチテスト専用のシールにかぶれの原因になる可能性がある物質を染み込ませ、2日間ほど皮膚に貼って紅斑(こうはん)小水疱(しょうすいほう)が誘発されるか確認します。
血液検査
血液中の好酸球(アレルギーに関係する白血球)数、IgE(免疫グロブリンE)の総量、特定の抗原に対する抗体量などを調べることができます。
 
KK-16-03-13245