• 協和発酵キリン
文字サイズ
晴れやかソライアシスライフ
  • プリントして楽しもう!「親子のお楽しみコーナー」
  • 用語集
  • 受診する前に!かゆみセルフチェック
  • お役立ち情報
  • 花粉症ナビ

かゆみを伴う皮膚疾患 さまざまな種類がある、かゆみを伴う皮膚疾患。その代表的なものの症状や治療法をご紹介します。 かゆみを伴う皮膚疾患 さまざまな種類がある、かゆみを伴う皮膚疾患。その代表的なものの症状や治療法をご紹介します。

症状
発熱や倦怠感に続いて、四肢、特に手のひらや足の裏にやや盛り上がった水っぽい紅斑(こうはん)ができます。
次々に新しい紅斑ができるため、紅斑同士が地図状にくっついたり、紅斑の中央部に水疱(すいほう)ができることもあります。
多形滲出性紅斑
※無断転載禁止
原因
単純ヘルペスウイルスマイコプラズマのような病原微生物、薬物、食物、内分泌異常、悪性腫瘍などに付随して起こるアレルギー反応と考えられています。
検査と診断
紅斑の特徴から診断がつきますが、血液検査でCRP(C反応性たんぱく)や白血球数、ウイルス抗体価などを調べます。
治療
原因をつきとめることが大切ですが、原因不明の場合は非ステロイド系抗炎症薬の内服やステロイド外用薬を用います。
重症の場合は、ステロイド薬を内服します。また、かゆみを伴う場合には、抗ヒスタミン薬を内服します。
【専門医からのひとことアドバイス】
まれに重症化することがある病気なので、発熱に続いて特徴的な紅斑(症状の項参照)が認められたら、早い段階で皮膚科専門のお医者さんを受診しましょう。
 
KK-16-03-13245
KK-16-03-13245

お問い合わせ | サイト利用規約 | 個人情報の取り扱いについて

※当サイトの画像・文言の無断転用は固くお断りいたします。

(C)Copyright Kyowa Hakko Kirin Co., Ltd. All rights reserved.