• 協和発酵キリン
文字サイズ

かゆみを伴う皮膚疾患 さまざまな種類がある、かゆみを伴う皮膚疾患。その代表的なものの症状や治療法をご紹介します。

症状
高齢者の腰臀部(腰からおしり)や下腿(ひざから下)に好発し、冬に悪化するのが特徴です。
皮膚は乾燥し、皮膚の表面には細かい糠(ぬか)のようにフケ状の皮膚が剥がれ落ちた状態がみられます。さらに、下腿の前面には亀甲模様の亀裂やシワがみられ、強いかゆみを伴う場合があります。
かゆみによって皮膚を強く引っ掻いてしまい、二次的に湿疹病変が形成され、皮膚が赤くなったりブツブツができて、時間が経つと色素が沈着して黒ずむこともあります。
皮脂欠乏性皮膚炎
※無断転載禁止
原因
老化あるいは、そのほかの原因によって皮膚の機能が低下し、皮脂分泌の低下に伴う皮膚の乾燥が生じることが原因となります。特に冬は皮脂分泌が低下し、湿度が低下して皮膚が乾燥しやすくなります。
検査と診断
視診により診断がつきます。
特に、冬に高齢者の腰臀部や下腿でかゆみを主訴とした乾燥性の皮膚所見がある場合には、診断は容易です。
治療
特に冬には、石鹸の使用を控え、入浴後の保湿を心がけ、かゆみには抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬の内服を行います。
また、必要に応じて弱いランクのステロイド外用薬を用います。
【専門医からのひとことアドバイス】
お肌がカサカサしていると感じたら、まず保湿です。
エアコンの普及で1年中室内が乾燥している、というケースが増えているので若い人も注意しましょう。