• 協和発酵キリン
文字サイズ
晴れやかソライアシスライフ
  • プリントして楽しもう!「親子のお楽しみコーナー」
  • 用語集
  • 受診する前に!かゆみセルフチェック
  • お役立ち情報
  • 花粉症ナビ

かゆみの治療と対策 かゆみの治療は主に「薬物療法」「スキンケア」「セルフケア」。普段からしっかり自己対策を行うことも大切です。

皮膚に過度な刺激やダメージを与えないこと、かゆみを誘発するものを避けることが大切です。生活面での注意点および工夫をご紹介します。
皮膚に刺激の少ない素材の衣類を
吸湿性・肌触りがいい木綿や合成繊維の衣類がおすすめです。特に肌に直接触れる部分には生地がごわつくもの、縫い目が目立つもの、特殊な染料を使っているものを避けましょう。シーツやベッドカバーも同様です。
衣類のお洗濯はしっかりと
洗剤が残留しないように、しっかりとすすぎ洗いをしましょう。
顔や首に刺激を与えないようなヘアスタイルを
毛先があたると刺激になり、かゆみを誘発することがあります。また、ヘアカラーなどによるかぶれが出ることがありますので、気になる方は専門のお医者さんにご相談を。
汗をかいたら、しっかり洗い流して
汗はかゆみを誘発することがあります。スポーツなどで気持ちの良い汗を流したら、きちんとシャワーなどで洗い流しましょう。スキンケアも忘れずに。
適度な温度・湿度を心がけて
エアコンなどの空調機器による乾燥は皮膚の大敵。適度な温度・湿度を保ちましょう。
食生活に注意
体が温まるとかゆみが出やすくなります。香辛料や辛い食べ物、アルコールなどは、汗や皮膚のほてり感をもたらし、かゆみが強くなることがあるので注意しましょう。
ツメのお手入れをきちんと
ツメが伸びていたり、とがっていると、皮膚を掻いたときに傷つけてしまうことがあります。ツメ切りやヤスリを使ってお手入れをしましょう。
心身ともにゆったりした生活を
ストレスはお肌の大敵、といいますが、かゆみを誘発することも知られています。ゆったりした生活を心がけましょう。
KK-16-03-13245