• 協和発酵キリン
文字サイズ
晴れやかソライアシスライフ
  • プリントして楽しもう!「親子のお楽しみコーナー」
  • 用語集
  • 受診する前に!かゆみセルフチェック
  • お役立ち情報
  • 花粉症ナビ

かゆみの治療と対策 かゆみの治療は主に「薬物療法」「スキンケア」「セルフケア」。普段からしっかり自己対策を行うことも大切です。

ここでは、じんましんの主な治療法についてご紹介します。
じんましんの主な治療法
じんましんの多くは、直接的な原因がわからない特発性(とくはつせい)のじんましんです。
その場合は、主に「原因・悪化要因の除去・回避」抗ヒスタミン薬を中心とした薬による治療」になります。お医者さんによる治療では、じんましんの症状が出ない状態や、生活に支障がない状態にすることを治療の最初のゴールとして、最終的には治療を行うことなく症状が現れない状態をめざします。
そのため、症状が治まっても自己判断で薬の服用をやめず、お医者さんの指示に従ってください。
薬による治療の中心は「抗ヒスタミン薬」
かゆみや湿疹の原因となるヒスタミンを抑える抗ヒスタミン薬が、じんましんのタイプを問わず基本的な治療薬となります。しかし、特発性のじんましんの治療において、抗ヒスタミン薬で十分な効果が得られない場合に限り、補助的治療薬が用いられることもあります。また、症状が激しく、速やかな沈静化が必要な場合は、必要に応じて経口ステロイド薬(内服薬)が併用されることもあります。
※お医者さんの指導のもとで、これら以外の薬が治療に用いられることもあります。
 
KK-16-03-13245