• 協和発酵キリン
文字サイズ
晴れやかソライアシスライフ
  • プリントして楽しもう!「親子のお楽しみコーナー」
  • 用語集
  • 受診する前に!かゆみセルフチェック
  • お役立ち情報
  • 花粉症ナビ

かゆみの治療と対策 かゆみの治療は主に「薬物療法」「スキンケア」「セルフケア」。普段からしっかり自己対策を行うことも大切です。

冬は寒さや乾燥が気になる季節。かゆみを伴った肌のトラブルが起きやすい季節でもあります。毎日のセルフケアにも気を配りながら、かゆみを感じたときには、皮膚の状態が悪化する前にお医者さんに相談しましょう。
部屋の換気と加湿をしっかりと
エアコンやストーブなどの暖房機器の影響で、冬のお部屋は常に乾燥気味に。その乾燥が原因で起こる代表的な皮膚疾患が皮膚そう痒症皮脂欠乏性皮膚炎です。比較的、高齢者に多い疾患といわれていますが、若い方も要注意です。
対策 加湿器を利用するなどして乾燥対策を行いましょう。特に乾燥しやすく、かゆみを感じやすいのは「すね」「お腹」「腰」です。
慢性の皮膚疾患も乾燥に気をつけて
アトピー性皮膚疾患は、皮膚バリア機能の低下が認められる疾患です。冬場の乾燥は、かゆみの増強や皮膚症状の悪化をまねく可能性があるので保湿をしっかりしましょう。また、糖尿病、肝臓疾患などの全身性の疾患や透析などが原因で皮膚が乾燥することもあります。
対策 しっかりとした保湿が対策の基本です。また、肌が乾燥しやすい高齢者の方は、基礎疾患がないか確認することも重要です。
秋から冬に起こりやすいじんましん
皮膚温度の変化がきっかけとなって起こるじんましんを"寒冷じんましん"と言います。鳥肌に似た皮膚症状とかゆみが特徴です。外気の温度低下による寒さが原因というよりは、急激な温度変化が引き金になるようです。
対策
冬場は外気が冷たいため急激に皮膚温度が変化することがあります。特に、お風呂あがりや運動後などは要注意。お風呂であれば、入浴前に脱衣所を温めておくなどの工夫をしましょう。
KK-16-03-13245