• 協和発酵キリン
文字サイズ
晴れやかソライアシスライフ
  • プリントして楽しもう!「親子のお楽しみコーナー」
  • 用語集
  • 受診する前に!かゆみセルフチェック
  • お役立ち情報
  • 花粉症ナビ

かゆみを伴う皮膚疾患 さまざまな種類がある、かゆみを伴う皮膚疾患。その代表的なものの症状や治療法をご紹介します。 かゆみを伴う皮膚疾患 さまざまな種類がある、かゆみを伴う皮膚疾患。その代表的なものの症状や治療法をご紹介します。

症状
虫に刺されたためにかゆみが生じ、膨疹(ぼうしん)や赤い丘疹(きゅうしん)ができます。症状がひどい場合には刺された部位が赤く腫れ上がります。 通常は、長くても1〜2週間で治りますが、慢性化すると刺された部位が硬くなり、痒疹(ようしん)になる場合もあります。
虫刺症(ドクガ皮膚炎)
※無断転載禁止
原因
吸血性のカ、ノミ、ダニ、ブユ、シラミなどや、毒性を持つムカデ、ハチ、アリ、毛虫などに刺されて起こります。
刺されたときに、ヒスタミン、セロトニンなどを含む毒液が体内に入って、症状を引き起こします。
検査と診断
症状と刺された状況で診断できます。
治療
抗ヒスタミン薬を含むかゆみ止めや、必要に応じてステロイド外用薬を使用します。
【専門医からのひとことアドバイス】
どんな虫たちが危険であるかを知っていれば、おのずと予防できるものです。
レジャーや庭のお手入れ前には、少し虫博士になってみませんか?
かゆみや皮膚炎の原因となる主な虫
  • 刺す虫
    ハチ、アリ、ムカデ、クモ、サソリ など
  • 吸血する虫
    カ、ブユ、アブ、ノミ、シラミ、ダニ、ツツガムシなど
  • 接触した液体が原因になる虫
    ハネカクシ、カミキリモドキなど
  • 接触した毛などが原因となる虫
    カレハガ、ドクガ、イラガなどの幼虫(毛虫)
KK-16-03-13245
KK-16-03-13245

お問い合わせ | サイト利用規約 | 個人情報の取り扱いについて

※当サイトの画像・文言の無断転用は固くお断りいたします。

(C)Copyright Kyowa Hakko Kirin Co., Ltd. All rights reserved.