• 花粉症の症状に悩む人たちの情報サイト
  • 協和発酵キリン
文字サイズ

花粉症ナビKIDS 子どもが花粉症かな?と思ったら、こちらをチェックしましょう!

子どもでも花粉症になるの?

子どもの花粉症は年々増えており、5〜9歳で13.7%、10〜19歳では31.4%と大人の発症率と変わりません(参考:鼻アレルギー診療ガイドライン)。スギ花粉症は、原因物質の花粉が飛散する時期(1月下旬〜4月)と風邪やインフルエンザが流行する時期とが重なるため、判断が難しいかもしれません。また、幼児では症状を具体的に伝えることが難しいため、まわりが注意を払う必要があります。
スギ花粉が飛散する時期に、子どもが熱はないのに“くしゃみ”や“鼻水”が止まらない場合は『スギ花粉症』かもしれません。花粉症では、“目のかゆみ”を伴うことが多いので、風邪と花粉症の判別の指標のひとつになります。しかし、鼻づまりの症状は花粉症でも起こりますが、咽頭扁桃肥大や慢性副鼻腔炎が原因であることも多いので、子どもに異変を感じたら、医療機関でしっかり診断してもらうことが重要です。
図:年齢層別有病率
子どもだって花粉症の症状はつらい!
花粉症の季節は、鼻や目などのつらい症状が勉強や運動といった活動を低下させ、日常生活に大きな支障を与えます。学校などの集団生活の中で、花粉症のためにみんなと同じように活発に活動ができないのは、子どもにとっても悲しいことです。正しい治療で花粉症の症状をしっかりと抑えることにより、普段と同じ日常生活を送れるようになることを子どもに教えてあげてください。
『花粉症の時期でも、みんなと元気に勉強も遊びもできるんだ!』そんな目標ができれば、子どももきっと治療に前向きになると思います。
昼間に元気がなかったり、集中力がなかったりしていませんか?
花粉症のお薬で、眠くなったり集中力が低下してしまう場合もありますが、症状自体が原因のことも多いのです。花粉症の症状(鼻水、鼻づまり、くしゃみなど)のために夜間よく眠れないと、それが原因で睡眠不足となり、翌日の活動性に影響を与えることがあります。睡眠不足に昼間の症状が加わって、より集中力や活動性が落ちますので、子どもの夜の症状にも注意を払ってください。
子どもの花粉症はどう治療するの?
花粉症の治療は、基本的に大人も子どもも同じです。症状に応じて、抗ヒスタミン薬という飲み薬や、ステロイド点鼻薬などで治療します。今まで成人にしか使用できなかった第2世代の抗ヒスタミン薬も子どもに使用できるものが増えており、以前と比べて薬の選択の幅が広がりました。
医療機関(耳鼻科など)を受診し、子どもの症状に応じた適切な治療を受けてください。