• 花粉症の症状に悩む人たちの情報サイト
  • 協和発酵キリン
文字サイズ

花粉症ナビKIDS 子どもが花粉症かな?と思ったら、こちらをチェックしましょう!

大人と子どもの花粉症の違い

子どもの花粉症も年々増えてきています。子どもの花粉症発症を見逃さず、いち早い対処をしてあげましょう。
子どもは自分で症状をうまく伝えることができないので、親の観察が重要になってきます。
「くしゃみ」より「鼻づまり」が主な症状
花粉症の主な症状といえば、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみですが、子どもの場合はちょっと異なります。子どもの場合はくしゃみがあまり出ずに、鼻づまりが多い傾向にあります。これは、鼻が小さいからつまりやすく、つまると花粉が入ってこないことからくしゃみも出ないということが原因になっています。
しかし、鼻づまりは見た目ではわかりません。そこで、見分けるポイントとしては、口をあけているかどうかです。鼻で息がしづらくなっているため、口呼吸することが多くなっているはずなので、注意深く観察してあげてください。
また、口呼吸が多くなると息をするために口を使うので、食事や薬などが飲み込みづらくなる傾向もあります。
大人はサラサラ、子どもは少し粘っこい鼻水
花粉症による鼻水は、大人の場合はサラサラした水のようなものが出ますが、子どもの場合は少し粘っこい鼻水も出ます。これも鼻づまりが主な症状となっていることに原因があるのではないかといわれています。風邪と見間違えてしまうかもしれませんが、鼻水が出ていたら花粉症も疑いましょう。
目の症状も高い率で発現
子どもの場合、目の症状も発症するケースが多く、頻繁に目のあたりをこすったりします。その他にも、目の充血や目のまわりのむくみなどもよくみられます。
鼻をピクピク、口をモグモグも花粉症の合図
鼻がムズムズするので、こすったり、かいたり、鼻をピクピク、口をモグモグして鼻や口のまわりをしかめたりします。また、鼻をいじり過ぎて、鼻血を出すこともあります。このあたりも発見しやすいポイントかもしれません。
 
KK-16-05-14350