• 花粉症の症状に悩む人たちの情報サイト
  • 協和発酵キリン
文字サイズ

自分でできる花粉症対策 花粉症を少しでも楽に乗りきるために、自分でできる花粉症対策を学びましょう。

間違った花粉症対策

つらい症状を何とかしたい!ちょっと聞いたことがあるその噂、信じても大丈夫かな?と疑問に思う方も多いはずです。その花粉症対策、間違っていませんか?早速チェックしてみましょう。
お茶、アロマテラピー、ヨーグルトなどで花粉症が治る?
残念ながらこれらは治療薬ではありませんので、すでに発症した花粉症の症状をしっかりと抑える効果は基本的に期待できません。
花粉症の症状軽減について報告しているものも中にはあります。ポリフェノールの抗酸化作用や乳酸菌のプロバイオティクス効果などはアレルギーに対しては薬ほど大きくありません。薬でしっかりと治療することが大前提です。根拠がしっかりしていないものも多く存在しますので注意が必要です。
花粉症は、医療機関を受診してお医者さんによる治療を受けましょう!自分の症状をしっかりとお医者さんに相談し、自分に合った治療薬を処方してもらい、花粉症シーズンを乗りきりましょう。
花粉症は、症状が出てから治療すれば良い?
毎年、花粉症でつらい思いをしている方は、症状が出る前や軽いうちから治療を開始する「初期療法」をおすすめします。花粉が飛びはじめる2週間ぐらい前から第2世代抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬などの経口治療薬を投与する治療法です。
前もって薬を飲みはじめることで、症状が出る時期を遅らせ、花粉が飛ぶ最盛期の症状を軽くする効果が期待できます。
医療機関で処方される薬も
薬局やドラッグストアで市販されている薬も同じ?
町の薬局やドラッグストアで市販されている飲み薬(鼻炎薬)は、第1世代の抗ヒスタミン薬や初期の第2世代を中心にいくつかの薬剤が組み合わされた複合薬が多くなっています。一方、医療機関で処方される薬は第2世代抗ヒスタミン薬のより新しいものが主流です。
花粉症の症状は人それぞれ異なりますので、まずは自分の症状やつらい気持ちをお医者さんに相談してみてください。あなたに合った治療薬がきっとみつかるはずです。
注射1本で花粉症が治る?
一回の注射で花粉症が治るような治療法はありません。
ステロイド筋肉注射で行う治療法もありますが、ステロイド点鼻薬とは異なり、日本アレルギー学会や日本耳鼻科学会などの専門医が属する団体では安易に行うことに対して注意喚起しています。
雨・曇りの日は花粉飛散が少ないというのは本当ですか?
雨の日は、花粉の飛散が少ないと思われます。しかし、雨の日の翌日は、雨で落ちた花粉が乾いて再び飛散するので飛散する量はかえって多くなります。
曇りの日も、風が強い日などは注意しましょう。花粉シーズンには、花粉週間予報をチェックしてからお出かけください。
どんな服を着ていても症状に関係ない?
衣服についた花粉を室内に持ち込むと、家の中でも症状がつらくなってしまいます。ウールなど花粉がつきやすい素材は極力避けた方が良いでしょう。特にコートなどはすべすべした素材がおすすめです。
女性の場合は、首筋をガードするスカーフの使用も効果があります。男女を問わず、つばの広い帽子をかぶるのも、顔や髪の毛につく花粉を少なくする効果が期待できます。また、静電気は大敵!!市販されている花粉をつきにくくするスプレーなども有用かもしれません。
必ず玄関で花粉をはらってから、家に入るようにしましょう。