• 花粉症の症状に悩む人たちの情報サイト
  • 協和発酵キリン
文字サイズ

目と鼻の症状と治療 花粉症の多くの人が悩まされる目や鼻の症状と、その治療について学びましょう。

花粉症による日常生活への影響

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなど、花粉症の症状はとてもつらく、日常生活に必要な集中力や判断力を低下させ、仕事や家事などにも大きな影響を及ぼします。
普段通りの日常生活を取り戻すためには、しっかりと症状を抑えることが大切です。そのためには病院に行き、お医者さんの診断に基づいた適切な治療を受けましょう。
花粉症が日常生活に影響を与える理由
鼻水や鼻づまりなどにより、寝付きが悪くなったり、夜中に起きてしまうと、十分な睡眠が得られず日中に眠くなるため。
目のかゆみや鼻水などにより、集中力がうまく保てず、イライラしてしまうため。
鼻づまりによって口呼吸が増えると、呼吸が浅くなり、酸欠状態から集中力や判断力が低下するため。
あなたは大丈夫ですか?まずは、チェックしてみましょう!
花粉症による日常生活への影響チェック
START
花粉症の症状によって、あなたの日常生活にどのような影響を及ぼしているかチェックしてみましょう。日中については本日の症状を、夜間については昨夜の症状を基準にチェックしてください。
花粉症による日常生活への影響チェック 日中については本日の症状を、夜間については昨夜の症状を基準にチェックしてください。
日中の症状について
Q1 仕事や家事(大人の場合)、勉強(子どもの場合)への集中力や意欲が低下している。
Q2 体がだるい、もしくは疲れやすいと感じる。
はい いいえ
はい いいえ
夜間の症状について
Q3 寝付きが悪く、十分な睡眠がとれない。Q4 寝ていても夜中に起きてしまうことがある。
はい いいえ
はい いいえ
日常生活に影響を与えているのは治療薬?
花粉症の治療に使われる抗ヒスタミン薬は、副作用として眠気などが生じることがあります。
そのため、日常生活の集中力や判断力などが低下すると、抗ヒスタミン薬の影響だと思われ、服用を控える人がいます。ですが、実は薬の影響だけではなく、くしゃみや鼻づまり、鼻水などの花粉症のつらい症状によるところも大きく、普段通りの日常を取り戻すためにも、まず、しっかりと薬で症状を改善することが大切です。
 
KK-16-05-14350