ニュースリリース

文字サイズ
文字サイズ標準で見る
文字サイズ大で見る
文字サイズ特大で見る

2014年8月29日

二次性副甲状腺機能亢進症を対象としたKHK7580の国内後期第2相臨床試験開始

 協和発酵キリン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:花井 陳雄、以下「協和発酵キリン」)は、血液透析施行中の二次性副甲状腺機能亢進症を対象としたKHK7580の後期第2相臨床試験を日本で開始しました。

 本試験は、血液透析施行中の二次性副甲状腺機能亢進症を対象としたプラセボ対照二重盲検並行群間用量反応比較試験であり、KHK7580またはプラセボ、若しくはシナカルセトを投与することにより、有効性および安全性を評価し初期用量の検討を行います。

 KHK7580は、田辺三菱製薬株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:三津家 正之、以下「田辺三菱製薬」)が創製した低分子化合物であり、協和発酵キリンは、2008年3月に、田辺三菱製薬より日本ならびにアジアの一部における共同研究・開発・販売および製造権を取得しました。

 協和発酵キリングループは、ライフサイエンスとテクノロジーの進歩を追求し、新しい価値の創造により、世界の人々の健康と豊かさに貢献します。


<本試験の概要>
対象疾患 血液透析施行中の二次性副甲状腺機能亢進症
デザイン 多施設共同無作為化プラセボ対照二重盲検並行群間用量反応試験(オープン対照薬群としてシナカルセト群を含む)
投与群 KHK7580、プラセボ、シナカルセト
目標症例数 150名
主要評価項目 有効性
実施地域 日本
試験期間 2014年7月から2015年6月


ページトップへ