会社案内

文字サイズ
文字サイズ標準で見る
文字サイズ大で見る
文字サイズ特大で見る

トップメッセージ

「日本発の世界トップクラスの研究開発型ライフサイエンス企業」として新しい価値の創造に挑戦し、世界の人々の健康と豊かさに貢献してまいります。

協和発酵キリングループは、医療用医薬品における新薬事業をはじめ、バイオシミラー、診断薬、バイオケミカルの各事業が連携するユニークな事業基盤を活かして、多様な顧客ニーズを満たす高品質な製品やサービスを提供しています。その中核となる協和発酵キリンは、抗体技術を核にした最先端のバイオテクノロジーを駆使して、画期的な新薬を継続的に創出し、開発・販売をグローバルに展開することにより、世界の人々の健康と豊かさに貢献する、日本発のグローバル・スペシャリティファーマとなることを事業ビジョンとしています。

2016年に策定した5年間の中期経営計画では、「グローバル・スペシャリティファーマへの飛躍」をテーマに、「グローバル競争力の向上」、「イノベーションへの挑戦」、「卓越した業務プロセスの向上」、「健康と豊かさの実現」の4つの戦略課題の達成に取り組んでいます。中期計画では、独自の研究により見いだされた新しい作用メカニズムの新薬をグローバルに展開することを目標の一つに掲げており、この目標実現により、これまで有効な治療法が見つからず苦しんでおられる患者さんやそのご家族、医療関係者の方々の願いや望みにお応えすることができると期待しています。

当社の強みである研究開発力、技術力のさらなる進化を目指すとともに、当社グループの知見やノウハウが生かせる分野でのイノベーション創出にも取り組み、新しいメカニズムを持つ、アンメット医療ニーズを満たす優れた医薬品の継続的な創出をグローバルに目指してまいります。

また、さまざまな個性を持つ人材が互いを認め合い、それぞれの能力を最大限に活かせる組織づくりを重視し、多様性を尊重した環境整備を積極的に進めています。当社グループのビジョン実現と発展のためには、働くすべての人がその持てる力を最大限に発揮できるよう、心身ともに健康であることが不可欠と考えています。

当社グループは、透明性、公平性、コンプライアンス遵守など企業の社会的責任を誠実に果たし、生命関連企業として広くすべてのステークホルダーから信頼される企業でありたいと考えています。
今後ともより一層のご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長
花井 陳雄

代表取締役社長 花井 陳雄

ページトップへ