ニュースリリース

文字サイズ
文字サイズ標準で見る
文字サイズ大で見る
文字サイズ特大で見る

2014年5月1日

抗てんかん剤トピナ®の新たな剤形「トピナ®細粒10%」の発売について

 協和発酵キリン株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:花井陳雄、以下「協和発酵キリン」)は、2014年5月13日、抗てんかん剤「トピナ®細粒10%」を発売いたします。

 トピナ®錠は、2007年9月の発売以来、他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかんの部分発作に対する併用薬として、多くの成人てんかん患者さんに処方され、2013年11月には、2歳以上の小児への他剤との併用に関する用法・用量の一部変更承認を取得し、小児の患者さんにも貢献できるようになりました。
 今回発売するトピナ®細粒10%は、2014年1月に承認を取得し、同年4月に薬価基準に収載されました。本剤は、一部の小児や高齢者など錠剤を飲みにくいてんかん患者さんに対しても服用しやすく、服薬アドヒアランスの向上が期待されます。

 協和発酵キリングループは、ライフサイエンスとテクノロジーの進歩を追求し、新しい価値の創造により、世界の人々の健康と豊かさに貢献します。


※ 服薬アドヒアランス
医師が処方した薬を患者さんが自発的に用法・用量を守り服用する事を指します。


製品画像


「トピナ®細粒10%」の製品概要
製品名 トピナ®細粒10%
一般名 トピラマート
効能・効果 他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の部分発作(二次性全般化発作を含む)に対する抗てんかん薬との併用療法
用法・用量 成人: 通常、成人にはトピラマートとして1回量50mgを1日1回又は1日2回の経口投与で開始する。以後、1週間以上の間隔をあけて漸増し、維持量として1日量200〜400mgを2回に分割経口投与する。
なお、症状により適宜増減するが、1日最高投与量は600mgまでとする。
小児: 通常、2歳以上の小児にはトピラマートとして1日量1mg/kgの経口投与で開始し、2週間以上の間隔をあけて1日量2mg/kgに増量する。以後、2週間以上の間隔をあけて1日量として2mg/kg以下ずつ漸増し、維持量として1日量6mg/kgを経口投与する。症状により適宜増減するが、1日最高投与量は9mg/kg又は600mgのいずれか少ない投与量までとする。なお、いずれも1日2回に分割して経口投与すること。
包装単位 [バラ]100g
承認取得日 2014年1月17日
薬価 10%1g 191.90円


ページトップへ