ニュースリリース

文字サイズ
文字サイズ標準で見る
文字サイズ大で見る
文字サイズ特大で見る

2012年3月1日

パーキンソン病の疾患情報サイト、新規開設!
『パーキンソン病サポートネット』

 協和発酵キリン株式会社(本社:東京都千代田区、社長:松田譲、以下「協和発酵キリン」)は、自社webサイト内に、パーキンソン病の基本的な情報からパーキンソン病患者さんの日常生活を向上させるための工夫などについて、わかりやすく紹介した疾患情報サイト『パーキンソン病サポートネット』(http://www.kyowa-kirin.co.jp/parkinsons/)を新規開設しました。

 サイトの内容は、(1)パーキンソン病の基礎知識、(2)パーキンソン病の診断、(3)パーキンソン病の治療、(4)リハビリテーションや暮らしの中の工夫など患者さんの日常生活向上のための情報で構成しています。パーキンソン病の治療をされている患者さんの日常生活を応援する雑誌「マックス」をウェブでもご覧いただけるようになっています。

 パーキンソン病は、脳の黒質にあるドパミン神経が減少することにより、運動機能の障害などが生じる疾患です。10万人あたり100~150人の方が罹患すると言われており、患者さんは高齢になるにしたがい増える傾向にあります。発症のピークは50~65歳です。
 現状、パーキンソン病を完全に治す治療法はありませんが、お薬やリハビリテーションによって症状を改善することで、今までと同様の生活をおくっていただくことが可能です。

 協和発酵キリンは、パーキンソン病に関する情報サイトの運営を通じて、患者さんのQOL(生活の質)向上のお役に立ちたいと考えています。

 

 協和発酵キリンでは、抗体技術を核にした最先端のバイオテクノロジーを駆使して、画期的な新薬の継続的な創出に取り組んでいます。



 



ページトップへ