特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の診断と検査

診断にあたっては、他の原因による血小板減少を除外することが大切で、末梢血液検査、生化学・免疫血清学的検査などが行われます。これらはすべて末梢血液を採取して行います。また場合によっては骨髄での血球産生状態や形態異常を知るために骨髄検査を行うことがあります。

検査
特発性血小板減少性紫斑病(ITP)の診断と検査