抗ヒスタミン薬
花粉症の治療薬として主に使われる薬で、経口薬、点鼻薬、点眼薬があります。
くしゃみ、鼻水、目のかゆみなどを引き起こすヒスタミンの作用をブロックします。

経口薬
大きく分けると古いタイプ(第1世代)のものと新しいタイプ(第2世代)の2種類があり、最近は眠気や口の渇きなどの副作用が軽減された第2世代の抗ヒスタミン薬がよく用いられます。
点鼻薬
アレルギー性鼻炎にともなうくしゃみや鼻水を軽減します。
点眼薬
アレルギーによる目のかゆみ、結膜充血などの諸症状を改善します。
KK-16-10-16289