CSR

文字サイズ
文字サイズ標準で見る
文字サイズ大で見る
文字サイズ特大で見る

健康で安全な職場づくり

「世界の人々の健康と豊かさに貢献する」というグループ経営理念の実現は、当社グループで働く全ての人がその持てる力を最大限に発揮することではじめて達成できるものであり、働く人が心身ともに健康であることが企業の発展の源泉であると、協和発酵キリングループは考えています。

からだと心の健康への取り組み

協和発酵キリンでは、厚生労働省による「事業場における労働者の健康保持増進のための指針」に準拠し、快適な職場環境の構築による働く人のこころと体の健康づくりの実現を目指し、以下に記載する産業保健活動を行っています。

2015年5月に「協和発酵キリングループ健康宣言」を発表し、社員一人ひとりの “健康で質の高い豊かな人生の実現”を目指すこととしました。具体的な活動方針として「KHKグループWellness Action 2020」を策定し、「生活習慣の改善」「がん対策」「ストレス対策」「働き方改革」の4つのテーマを中心に、社員全員がベストコンディションで活き活きと働くことができるよう健康施策を推進しています。

協和発酵キリングループ健康宣言

協和発酵キリングループは、従業員の生涯を通じたQuality of Life(生活の質)の向上を図るため、協和発酵キリングループ健康宣言を行います。

健康づくりに各自が主体的に努力することに加えて、当社グループとして、予防的視点からより高い次元の健康を目指して積極的に健康づくりに取り組みます。

従業員一人ひとりの健康づくり行動を促進する「動機付け」と、健康づくり行動を実践していくための「継続支援」の施策を推進していきます。

2017年2月には、経済産業省が実施する「健康経営度調査」において、所定の基準を満たしたことから、「健康経営優良法人2017(ホワイト500)」に認定されました。

2017 健康経営優良法人 ホワイト500

健康経営優良法人制度は、健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目的として、2017年から認定が開始されました。
健康経営は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

また、健康経営を目指す企業の集まりである「KENKO企業会」に参加して、多くの企業と協力して、働く人の健康増進に向けて取り組んでいます。

こころの健康に関しては、メンタルヘルスケアの領域に精通した産業医を配置して、産業医面談やメンタルヘルスに関する各種相談、研修などを行なっています。また、社外の従業員支援プログラム(Employee Assistance Program:EAP)を活用したストレスチェック、研修や対面・電話・ウェブによる相談の窓口設置などの予防対策をとっています。産業医をはじめとした産業保健スタッフと緊密に連携し、万一罹病した場合の復職プログラムやフォロー体制の整備にも取り組み、再発防止と継続就業を目指しています。

労働安全衛生

協和発酵キリングループでは、労働災害防止を目的に、各事業場で日常の生産・研究活動や工事実施時にリスクアセスメントを行っています。また、監査に適時外部コンサルタントを加えることで、社外からの視点も含めてより多角的に現場の問題を捉え、一層の改善につながるよう努めています。さらに、新任管理職や安全管理実務担当者に対する研修を毎年実施し、安全衛生教育を推進しています。安全衛生活動はリスクマネジメントプログラムおよび安全監査でチェックし、グループCSR委員会での審議、取締役会への報告を経て次年度の活動方針に反映しています。

協和発酵キリングループ 労働安全衛生基本方針

制定日2018年11月22日

協和発酵キリングループ(以下、「当社グループ」という)は、「ライフサイエンスとテクノロジーの進歩を追求し、新しい価値の創造により、世界の人々の健康と豊かさに貢献します。」とする経営理念を実現するためには、すべての従業員の安全および健康を確保することが不可欠であると考え、労働災害および事故を防止する活動を継続的に行います。従業員一人ひとりが主体的に考え、行動できるような文化を根付かせることで当社グループの安全衛生水準の向上を目指します。

  1. 労働安全衛生についてマネジメントシステムを運用することにより、当社グループの安全衛生水準の向上が図れるよう、継続的な改善を推進します。
  2. 職場における危険源の特定および評価、対策によるリスクの除去または低減を通じて、労働災害および事故の発生を防止します。
  3. 事業活動を行うそれぞれの国や地域で適用される労働安全衛生に関する法令を遵守し、安全および健康の確保に継続して取り組みます。
  4. 従業員の意識向上のため、労働安全衛生に関する教育および啓発活動を積極的かつ計画的に実施します。
  5. 従業員の安全および健康を確保するために必要な、会社および従業員間のコミュニケーションを積極的に推進し、全員参加の安全衛生活動を実施します。

2017年の協和発酵キリン、協和メデックス、協和発酵バイオ、協和ファーマケミカルの生産・研究事業場での休業災害は1件でした。労働災害の度数率※1は0.19、強度率※2は0.005でした。不休業災害やヒヤリハット事例および対策は、グループ内で共有して再発防止に努めています。

※1
度数率:100万延べ実労働時間当たりの休業災害死傷者数で、災害発生の頻度を示す
※2
強度率:1000延べ労働時間当たりの労働損失日数で、災害の重さの程度を示す

災害度数率の推移※3

※3
協和発酵キリン、協和メデックス、協和発酵バイオ、協和ファーマケミカルの国内の生産・研究事業場を対象としています。

防災訓練の実施

協和発酵キリングループでは、爆発・火災による災害や、地震などの自然災害で事業場が被害を受けた場合、経営トップを本部長とするクライシス対策本部または大規模災害対策本部を設置し、救援や復旧活動を支援する体制を定めています。各事業場では、事故発生時の被害を最小限にとどめるため、防災体制整備や定期的な防災訓練を行っています。

安全運転への取り組み

協和発酵キリンでは、約1600台の営業車を使用しています。交通事故を引き起こさないよう、高い安全意識の醸成はもちろん、リスク防止対策や、安全運転に有効な資源の投入など、様々な側面から安全運転の推進に取り組んでいます。

重大事故率の推移

2008年から「安全運転教育プログラム」を導入し、主に新入社員を対象に、独自の5段階評価を設け、技能レベルや安全運転意識の向上に取り組んでいます。車両運転に不慣れな従業員には、ドライブレコーダーを搭載し、運転映像の解析とともに、外部コンサルタントを活用した安全運転指導や管理者教育を徹底し、事故の防止につなげています。また、2014年に、追突防止軽減装置(プリクラッシュセーフティシステム)を本格導入しました。

営業車のハイブリッドカーへの切り替えについては、以下をご覧ください。


社会との共有価値

ページトップへ