活動トピックス

平成30年度前期日本卓球リーグ 高知大会

5月30日~6月3日に高知県立県民体育館で開催された平成30年度前期日本卓球リーグ高知大会に出場しました。
新チーム(松平選手、笠原選手、平野選手、岩渕選手)となって、初めての団体戦出場となりました。

今大会は昨季の主力選手が抜けた新チームでの挑戦となり、試合前から非常に厳しい戦いが予想されていましたが、結果は上位4チームの大混戦となり、5勝2敗の僅差で惜しくも優勝を逃しました。

今回の結果を糧に、これから続く団体戦ではさらにチーム一丸となって戦いますので、皆さまの引き続きのご声援をよろしくお願いいたします。

なお、個人では平野選手が優秀選手賞、スーパーゴールデンラケット賞、岩渕選手がファインプレー賞を獲得することができました。

翌日は高知ろう学校へ訪問させていただき、皆さまと楽しく交流をすることができました。最後には手作りのプレゼントまでいただき、次に向けての活力となりました。

この場を借りて、ご支援いただきました皆さまに心より御礼申し上げます。

ファインプレー賞を受賞した岩渕選手 <提供>卓球王国

優秀選手賞を受賞した平野選手 <提供>卓球王国

要所で安定したプレーを見せた笠原選手 <提供>卓球王国

今季キャプテンとしてチームを牽引した松平選手 <提供>卓球王国

高知ろう学校にて

楽しい交流会をありがとうございました!

ページのトップへ戻る

第27回日本卓球リーグ選手権・ビッグトーナメント仙台大会 松平賢二選手 シングルス優勝

4月5日(木)~8日(日)まで、元気フィールド仙台にて日本卓球リーグ選手権・ビッグトーナメント仙台大会が開催されました。

今回は新チームとなって初めての大会出場となりました。

シングルスの決勝では、松平・平野両選手による同士討ちとなりましたが、松平選手が3-2の接戦を制して優勝を飾りました。

また、ダブルスでは松平・平野ペアがベスト8に入りました。

これから団体戦が続きます。

選手は4人となりましたが、応援して下さる方々がいることに感謝し、いただいた声援を力に変え、チームで優勝を掴み取れるように頑張りますので、今後ともご声援のほどよろしくお願いいたします。

優勝の松平選手 <提供>卓球王国

準優勝の平野選手 <提供>卓球王国

表彰式にて

ページのトップへ戻る

退職のご挨拶

こんにちは。

私、森本耕平は1月に行われました全日本卓球選手権大会をもちまして現役を引退し、3月末をもちまして協和発酵キリン株式会社を退社することになりました。

2014年に入社し、4年間卓球部に所属させていただきました。
卓球と出会って20年、最後に協和発酵キリンという幼いころから憧れていたチームで選手生活を終えることができ大満足です。

皆様には日頃からたくさんのご支援をいただき誠に感謝しております。勝ったときは一緒に喜び、苦しいときには熱いご声援をいただいたおかげで何度も救われました。
この協和発酵キリン卓球部はご支援くださる会社の皆様、多くの卓球ファンによって支えられています。応援してもらえることがどれだけありがたく、幸せなことか教えていただきました。
そして歴代の卓球部には、全日本チャンピオンや日本代表選手となりオリンピックや世界選手権という舞台で活躍した偉大な先輩方がいます。その先輩方と同じチームの一員としてやれたことを誇りに思います。

4月からは母校である愛知工業大学の職員となり、卓球部の指導をします。「選手」という幕はおりましたが、まだまだ私の卓球人生は続いていきますのでこれからもご指導、ご声援いただけると嬉しいです。

4年間、本当にお世話になりました。

森本 耕平

ページのトップへ戻る

退職のご挨拶

私、吉田雅己は3月末を持ちまして、協和発酵キリン株式会社を退職する形となりました。

会社の方々にはいつも大会に足を運んでいただき、支援していただきました。
卓球部だけではなく、会社全体で戦っていく所が非常に好きでした。

また1年間という短い間でしたが、小さい頃から憧れていたチームで、最高の同期と先輩方の元でプレーする事ができ、卓球だけではなく社会人としての生き方をたくさん学ぶことができました。

今後はプロとしてプレーしていきますが、厳しい決断をしましたので、覚悟を持ってこれからの卓球人生を歩んでいきたいと思います。

1年間お世話になりました。
本当にありがとうございました。

吉田 雅己

<提供>卓球王国

ページのトップへ戻る

退職のご挨拶

こんにちは。

私、上田仁は2月末を持ちまして協和発酵キリン株式会社を退職する運びとなりました。

学生時代からの憧れのチームで、歴史と伝統ある協和発酵キリンに2014年に入社してから約4年間、最高のチームで沢山の日本一を経験させて頂きました。

会社のバックアップも素晴らしく、今の自分があるのは会社やチームの皆さんのお陰です。また協和発酵キリン卓球部を応援して頂いたファンの皆様、いつも会場に足を運んで応援して頂きありがとうございました。

今後は新しいリーグに参戦しますが、ここで培ったものを胸に、自分にしかできない卓球道を貫いていきたいと思っています。

今まで本当にありがとうございました。
今後も変わらずご声援の程宜しくお願い致します。

上田仁

<提供>日本卓球リーグ実業団連盟

ページのトップへ戻る

卓球交流会の様子がRBC(琉球放送)ザ・ニュースで紹介されました

2017年12月11日(「ファイナル4」の翌日)に訪問した沖縄県立西崎特別支援学校での卓球交流会の様子が、RBC(琉球放送)ザ・ニュース内のスポーツコーナーで放送され、当日の様子などをご紹介いただきました。

ぜひ、ご視聴いただければ幸いです。(放映日:12月12日(火)/視聴時間:5分5秒)

映像:RBC(琉球放送)ザ・ニュース

ページのトップへ戻る

内閣総理大臣杯JTTLファイナル4(年間チャンピオン決定戦)沖縄開催 優勝

12月9日~10日に内閣総理大臣杯JTTLファイナル4(年間チャンピオン決定戦)が沖縄県那覇市(那覇市民体育館)で開催され、年間チャンピオン2連覇を果たしました!!

初戦の東京アート戦は1-3で負けてしまい、準決勝にまわりシチズン時計と対戦しました。シチズン時計には日本卓球リーグ前期、後期ともに負けていましたが、チーム一丸となって3-1で勝利。決勝戦は再度、東京アートと対戦し、3-0で優勝を飾ることができました。

熱戦を繰り広げた「ファイナル4」の翌日、沖縄県立西崎特別支援学校を訪問し、卓球交流会を行いました。活気あふれる生徒の皆さんとの交流で、たくさんの元気をいただくことができました。

これで本年度の大会は全て終了しました。1年間多くのご声援をいただき、本当にありがとうございました。

来年も引き続き卓球部へのご声援をよろしくお願いいたします!

チーム一丸となり戦いました <提供>卓球王国

会社関係の方々も遠くから応援に駆け付けて下さいました <提供>卓球王国

西崎特別支援学校の卓球交流会にて

西崎特別支援学校の皆さんと

楽しい時間をありがとうございました!

ページのトップへ戻る

平成29年度後期日本卓球リーグ京都大会 優勝

11月15日(水)~19日(日)まで、ハンナリーズアリーナ(京都市体育館)にて後期日本卓球リーグ京都大会が開催され、2期ぶり14度目の優勝を果たしました!

前期に続き、シチズン時計に激戦の末に破れてしまい、最終戦の宿敵東京アートに3-1以上で勝利するしかない状況に追い込まれましたが、チーム一丸となって3-0で勝利し、優勝をつかむことができました。

個人表彰では最高殊勲選手賞に平野友樹選手が選ばれました。ファイナル4でもチーム一丸となって戦い、2連覇を達成したいと思いますので、引き続きご支援ご声援のほどよろしくお願いいたします。

翌日は、京都市南区・障害者教養文化・体育会館を訪問し、卓球交流会を行いました。大会の結果報告、選手の紹介から始まり、デモンストレーションや選手による実技指導が行われました。

最後に行われた質疑応答では、「試合に勝つためにはどうしたらいいか」「負けてる時はどういう気持ちで戦っているのか」などたくさん質問を頂戴し、選手からは「特別なことはしておらず、毎日の練習の積み重ねや、苦手なところをたくさん練習することが大切」、「負けてる時は開き直って集中し、心を乱さないようする」といったアドバイスが送られました。

皆様との交流を通じ、次の大会にむけて、たくさんの活力をいただくことができました。この場を借りて御礼申し上げます。

当日の様子は、京都新聞社にも取り上げていただきました。
記事リンク先:http://www.kyoto-np.co.jp/sports/article/20171121000176

キャプテンとしてチームを支えた笠原選手 <提供>卓球王国

7戦全勝でMVPを受賞した平野選手 <提供>卓球王国

表彰式にて

応援に駆け付けていただいたグループ社員の皆様と

車いす初体験の吉田選手

交流会に参加された皆様と

楽しい時間をありがとうございました!

ページのトップへ戻る

第51回全日本社会人選手権大会 シングルス 優勝

11月3日~5日に岡山県のジップアリーナにおいて全日本社会人卓球選手権大会が開催されました。

男子シングルスでは上田選手が優勝!

平野選手が3位に入賞しました!

決勝戦では上田選手がオリンピックメダリストの丹羽選手にフルセットの末に勝利し、大会史上初となる3連覇を達成しました。

多くの卓球ファンが見守る中、超ハイレベルの試合展開に会場も大変な盛り上がりをみせました。

また、男子ダブルスでは松平選手・森本選手ペアがリコーとの激戦を制し3位に入賞しました!

まだまだ試合は続きますが、更に気を引き締めて頑張りますので、これからもご支援ご声援のほどよろしくお願いいたします。

決勝戦の上田選手vs丹羽選手 <提供>卓球王国

3連覇を達成した上田選手 <提供>卓球王国

3位入賞の松平・森本ペア <提供>卓球王国

ページのトップへ戻る

平成29年度全日本卓球選手権大会(団体の部)優勝

10月13日~15日まで、福井県敦賀市総合運動公園体育館にて開催されました全日本卓球選手権大会(団体の部)で、2年ぶり4度目の優勝を手にすることができました!

準決勝は高校No.1の愛工大名電高校との対戦。すべての試合がゲームオールで3時間半に及ぶ死闘を乗り越え、続く決勝では日鉄住金物流との2試合がゲームオールにもつれるなか、接戦を制し優勝することができました。

何度も追い込まれましたが、後ろを振り返ると声を枯らし応援してくれるチームメイトや多くの皆様の声援が力となり最後まで踏ん張ることができました。

この勢いのまま後期日本卓球リーグでも必ず優勝したいと思いますので、これからもご声援のほどよろしくお願いいたします!

優勝に貢献した平野選手 <提供>卓球王国

優勝を決めた瞬間の平野選手 <提供>卓球王国

スタッフとともに <提供>卓球王国

ページのトップへ戻る

第67回全日本実業団卓球選手権大会 優勝

7/20~23に愛知県のスカイホール豊田で行われました第67回全日本実業団選手権にて優勝し、大会4連覇を果たすことができました!

大会最終日、準決勝での東京アート戦は接戦が予想されましたが、3-0で勝利、また決勝のシチズン戦も3-0で勝利することができ、今大会は全試合オールストレートの完全勝利となりました。
どの対戦も手に汗握る試合となり、苦しい局面も多々ありましたが、厳しい競り合いの中でも相手チームを上回るプレーができたこと、また応援に駆け付けて下さった皆さまの声援も原動力となり、優勝を掴み取ることができました。

この良い流れで後半戦も目標に向かってチーム一丸となり全力で頑張りますので、今後ともご支援、ご声援をよろしくお願いいたします!

大会の翌日は、名古屋市障害者スポーツセンターを訪問し卓球交流会を行いました。
30名もの皆さまにご参加いただき、選手紹介やデモンストレーション、技術指導などを行いました。
特にパラリンピックに出場した岩渕選手とのラリーを楽しみにしていた方も多く、岩渕選手のアドバイスにも熱が入りました。皆さまからたくさんの元気をもらうことができました。

本当にありがとうございました。

優勝に貢献した平野選手 <提供>卓球王国

優勝を決めた瞬間の上田吉田ペア <提供>卓球王国

<提供>卓球王国

応援にお越しいただいたグループ従業員の皆様と

岩渕選手とのラリー

楽しい時間をありがとうございました!

ページのトップへ戻る

平成29年度前期日本卓球リーグ松江大会 準優勝

6月7日(水)~11日(日)まで、松江市総合体育館にて前期日本卓球リーグ松江大会が開催されました。

結果は、惜しくも2位という結果で4期連続優勝は叶いませんでした。
宿敵・東京アートと6勝1敗と同率で並びましたが、第6戦でシチズン時計に1-3で敗れた試合が影響し、得失点差により優勝まであと一歩届くことができませんでした。
ただ、最終戦で東京アートに勝利できたことは、今後に向けて大きな収穫となりました。個人表彰では平野友樹選手が優秀選手賞に選ばれました。

大会翌日には、松江養護学校を訪問し卓球交流会を行いました。高等部の生徒さん60名にご参加いただき、選手による模擬試合や様々なパフォーマンス、生徒さんのレベルに合わせた技術指導などを行い、参加いただいた皆さまと楽しいひと時を過ごす事ができました。

これからまだまだ試合は続きますが、ひとつでも多く優勝できるよう更なるステップアップを目指しますので、引き続き熱いご声援のほどよろしくお願いいたします!

溌剌としたプレーでチームに貢献した新入部員の吉田選手 <提供>卓球王国

優秀選手賞に選ばれた平野選手 <提供>卓球王国

後期は優勝を目指します! <提供>卓球王国

中国支店の皆さまにも応援に駆け付けていただきました。

松江養護学校での卓球交流会にて。指導に熱が入ります。

交流会に参加された皆さまと。

楽しい時間をありがとうございました!

ページのトップへ戻る

日本卓球リーグ40周年記念 2017シチズンカップ 上田仁選手・吉田雅己選手 ダブルス優勝!

日本卓球リーグ40周年記念大会として4月20日(木)~23日(日)に日本リーグ選手権が港区スポーツセンターで開催され、4月に入社した吉田・岩渕選手も含め7名全員が出場しました。

ダブルスでは、出場した3組がベスト4へ進出し、準決勝、決勝の同士討ちを制した上田・吉田組が優勝を決めました!
シングルスでは、上田選手が決勝戦へ進出し、グランドプリンスホテル新高輪(飛天の間)にて、約500名の観戦者の中で優勝を目指して戦いました。
結果は、日鉄住金物流の藤村選手に惜しくも敗れましたが、価値ある準優勝となりました。

5月より行われます前期日本リーグにおいても、良い報告ができるよう選手一同頑張りますので、引き続き「新生・協和発酵キリン卓球部」へのご声援、よろしくお願いいたします!

大会の詳細についてはこちら
http://www.jttl.gr.jp/taikairesult/2017/01/5.php

シングルス出場の岩渕選手 <提供>卓球王国

ダブルス3位 松平・森本ペア <提供>卓球王国

ダブルス2位 笠原・平野ペア <提供>卓球王国

ダブルス優勝 上田・吉田ペア <提供>卓球王国

シングルス決勝戦の様子(飛天の間にて) <提供>卓球王国

<提供>卓球王国

ページのトップへ戻る

高知県にて卓球交流イベントを開催しました

3月26日(日)、合宿を行った高知県で卓球交流イベントを開催しました。

イベントでは午前の部、午後の部、合わせて450名もの皆様にご参加頂きました。

協和発酵キリンの選手による模範試合、各コートに分かれて技術指導、お楽しみプレゼントじゃんけん大会など行い、盛会のうちに終了することができました。
参加者の皆様は、気になるところはすぐに選手に質問をし、積極的にアドバイスを求められ、とても元気が良く、選手にとっても刺激的で楽しい1日となりました。

また卓球交流イベントを開催するにあたり、高知県卓球協会の皆様方には大変お世話になりました。
この場をお借りし、心より感謝申し上げます。

※卓球交流イベントの様子が翌日の高知新聞で掲載されました。

<抜粋>H29.3.29 高知新聞より

参加者の皆さんと平野選手

じゃんけん大会にて

参加者の皆様と楽しい時間を過ごすことができました

ページのトップへ戻る

引退のご挨拶

こんにちは。

私、小野竜也は1月に行われました全日本選手権で現役を引退致しました。
2009年に協和発酵キリン株式会社に入社し、8年間卓球部に所属させていただき、卓球歴としましては24年間プレーさせていただきました。
皆様には日頃から沢山のご支援、ご声援を頂き本当に感謝しております。
勝った時は一緒に喜んで、苦しい時は熱い声援を送っていただいた皆様のお陰で、最後まで頑張ることが出来ました。

私は本当にこの協和発酵キリン卓球部というチームが大好きでした。
選手だけでなく、応援・サポートしてくださる方も一緒に皆で掴む勝利の喜び、負ける悔しさや、心強いチームメイトとの出会い、チームがまとまっていく感覚などかけがえのない、忘れられない経験をさせていただき、すべてが私の財産です。

後輩達には今まで以上に切磋琢磨し、感謝の気持ちを忘れず、子供たちのお手本となるような愛されるチームを目指し頑張ってほしいです。

今後は、微力ではありますが、会社に残り少しでも恩返しができるよう頑張りたいと思います。
今後とも卓球部へのご支援、ご声援を宜しくお願い致します。

本当にありがとうございました。

小野 竜也

<提供>(公財)日本卓球協会広報委員会

ページのトップへ戻る

第21回ジャパントップ12卓球大会 上田仁選手 初優勝!

3月4日(土)に東京・代々木第二体育館で開催されました『LIONカップ 第21回ジャパントップ12卓球大会』に上田仁選手と平野友樹選手が出場し、上田仁選手が世界選手権代表の3選手(水谷隼選手、吉村真晴選手、松平健太選手)に勝利し、念願の初優勝を果たしました!
協和発酵キリンの選手としては第7回大会(2002年)の木方慎之介さん以来の優勝となりました。翌日は優勝の興奮冷めやらぬ中、いつも応援をしていただいている社長、副社長始め、多くの社員の皆さんに優勝報告をし、たくさんの温かい拍手が送られました。

■大会の詳細についてはこちら
http://www.jtta.or.jp/tournament/tabid/122/rptid/33/Default.aspx

<提供>卓球王国

優勝を決め、観客へ手を振る上田選手 <提供>卓球王国

ページのトップへ戻る

内閣総理大臣杯JTTLファイナル4(年間チャンピオン決定戦)東京開催 初優勝!

12月3日・4日で、内閣総理大臣杯JTTLファイナル4(年間チャンピオン決定戦)がエスフォルタアリーナ八王子にて開催され、念願の初優勝を果たしました!!
1番手の平野友樹選手が勢いをつけ、松平賢二選手と上田仁選手のダブルスが接戦を制し、最後は松平賢二選手が勝利を決めました。東京アートの10連覇を阻み、念願であったファイナル4(年間チャンピオン)を初めて獲得することができました。
熱戦を繰り広げた「ファイナル4」の翌日、開催地である八王子の近隣の東京都立南大沢学園を訪問し、生徒及び教職員約50名に参加いただき、卓球交流会を行いました。参加された生徒の皆さんと、最後まで楽しいひと時を過ごす事ができました。
本年度の団体戦が全て終了しました。1年間多くの方のご声援、本当にありがとうございました。
また来年も応援よろしくお願いいたします。

優勝決めた瞬間の松平選手 <提供>卓球王国

内閣総理大臣杯を受け取る小野主将 <提供>卓球王国

東京都立南大沢学園での卓球交流会にて

多くの会社関係の方々が応援に駆け付けて下さいました <提供>タマス

ページのトップへ戻る

平成28年度後期日本卓球リーグ大阪大会 優勝

11月2日(水)~6日(日)まで、大阪市中央体育館にて後期日本卓球リーグ大阪大会が開催され、3期連続13度目の優勝を果たしました!!
宿敵東京アートとの一戦は最終戦での全勝対決となりました。2-2で迎えた最終試合で、笠原弘光選手が0-2の劣勢をはねのけ見事勝利をつかみ、全勝優勝となりました。
個人表彰では最高殊勲選手賞に平野友樹選手、 優秀ペア賞には 松平賢二選手・上田仁選手が選ばれました。
大会翌日には、大阪市舞洲障がい者スポーツセンターを訪問し、卓球交流会を行い参加者の皆さんと楽しいひと時を過ごす事ができました。

優勝決めた瞬間の笠原選手 <提供>タマス

部長、コーチ、スタッフとともに <提供>タマス

大阪支店、キリングループ各社から、多くの方々に応援に駆け付けていただきました

大阪市舞洲障がい者スポーツセンターでの卓球交流会にて

試合直後の選手とコーチ <提供>タマス

ページのトップへ戻る

第50回全日本社会人選手権大会 シングルス、ダブルス優勝

9月9日~11日まで、青森県県青森市のマエダアリーナにて全日本社会人選手権が開催されました。
男子シングルスでは、上田仁選手が2連覇!
平野友樹選手が3位入賞。
男子ダブルスでも松平賢二・上田仁組が2連覇という結果になりました!
上記の結果、上田仁選手は全日本社会人選手権男子史上初の単複2連覇を達成いたしました。
ここまで今シーズンは全ての大会で優勝することができていますが、これからの後半戦も更に気を引き締めて頑張ります。
これからもご支援ご声援よろしくお願い致します。

3位入賞の平野選手、シングルス優勝の上田選手

ダブルス優勝の上田選手、松平選手

部長、コーチ、スタッフとともに

ページのトップへ戻る

第66回全日本実業団卓球選手権大会 優勝

6月23日~26日 に長野県のホワイトリンクで行われました第66回全日本実業団選手権にて優勝し、大会3連覇を果たすことができました!
大会最終日は準決勝でファーストに3-2で勝利し、決勝ではシチズンに3-0で勝利することができました。
どの試合も接戦でしたがチーム一丸となり苦しい場面を乗り越えることができたと思います。
これでシーズンの前半戦が終わり、今年の目標である主要団体戦5冠に向けて、また1歩前進することができました。
良い流れで前半戦を終えることができましたので、この勢いのまま9月からの後半戦も目標に向かってチーム一丸となり全力で頑張ります!
今後ともご支援、ご声援の程よろしくお願いいたします!

準決勝のファースト戦で世界選手権代表の大島選手に勝利した平野選手

<提供>卓球王国

ページのトップへ戻る

平成28年度前期日本卓球リーグ仙台大会 優勝

5月27日~29日まで、前期日本卓球リーグ仙台大会が元気フィールド仙台にて開催され、6勝1敗で見事、2期連続の優勝を果たしました。
そして最高殊勲選手賞は、上田仁選手が獲得しました。
ホームマッチ&アウェイマッチから本大会まで多くの方のご声援、本当にありがとうございました!!

東北支店、キリングループ各社から多くの方が応援に駆けつけてくれました

ページのトップへ戻る

内閣総理大臣杯JTTLファイナル4(年間チャンピオン決定戦)大阪開催

12月5日・6日で、内閣総理大臣杯JTTLファイナル4(年間チャンピオン決定戦)が大阪市中央体育館にて開催されました。
決勝戦へと勝ち進みましたが接戦の末、惜しくも2位の成績となりました。
熱戦を繰り広げた「ファイナル4」の翌日、大阪府立だいせん聴覚高等支援学校(和泉校長先生)を訪問し、卓球交流会を行い生徒の皆さんと楽しいひと時を過ごす事ができました。

本年度の団体戦が全て終了しました。1年間多くの方のご声援、本当にありがとうございました!!
また来年も応援よろしくお願いいたします。

ページのトップへ戻る

平成27年度後期日本卓球リーグ新潟大会 優勝

11月4日~8日まで、後期日本卓球リーグ新潟大会が新潟市東総合スポーツセンターにて開催されました。全勝で見事、4期ぶりの優勝を果たしました。
そして最高殊勲選手賞は、笠原弘光選手が獲得しました。
ホームマッチ&アウェイマッチから本大会まで多くの方のご声援、本当にありがとうございました!!

<写真提供>卓球王国

ページのトップへ戻る

平成27年度全日本卓球選手権大会(団体の部)

10月16日~18日まで、平成27年度 全日本選手権(団体の部)が岩手県奥州市総合体育館にて開催され、見事25年ぶり3度目の優勝を手にすることができました!!
そして最高殊勲選手賞は、笠原弘光選手が獲得しました。
多くの方のご声援、誠にありがとうございました!!

<写真提供>(公財)日本卓球協会広報委員会

ページのトップへ戻る

第49回全日本社会人選手権大会 シングルス、ダブルス優勝

10月10日~12日まで、第49回全日本社会人選手権大会が、石川県・いしかわ総合スポーツセンターにて開催されました。
男子シングルスでは、上田仁選手が初優勝!
男子ダブルスでも松平賢二、上田仁ペアが初優勝!
笠原弘光、森本耕平ペアが3位入賞という結果になりました。
上田選手はチームとして34年ぶりの社会人2冠王となりました。
多くの方のご声援、誠にありがとうございました!!

ページのトップへ戻る

第65回全日本実業団卓球選手権大会

7月23日~26日まで、第65回全日本実業団卓球選手権大会が千葉ポートアリーナにて開催され、見事2年連続11度目の優勝を果たしました!!
多くの方のご声援、誠にありがとうございました!!

ページのトップへ戻る

平成27年度前期日本卓球リーグ広島大会

広島市東区スポーツセンターで開催された前期日本卓球リーグ広島大会は、最終成績6勝1敗で2位となりました。ホーム&アウェイマッチから始まり、本大会まで皆さまの熱いご声援、本当にありがとうございました!!

ページのトップへ戻る

第24回日本卓球リーグ・ビッグトーナメント浦安大会シングルス優勝 松平賢二

浦安市運動公園総合体育館で開催された第24回日本卓球リーグ・ビッグトーナメント浦安大会。決勝は、上田 仁vs松平 賢二の協和発酵キリン対決となりました。フルゲームの大接戦を制したのは松平選手。第18回以来2回目の優勝を飾りました。

ページのトップへ戻る

PAGETOP