研究開発・生産

文字サイズ
文字サイズ標準で見る
文字サイズ大で見る
文字サイズ特大で見る

創薬プロセス

用語解説機能
オレンジ色の下線が引かれた用語をクリックすると、用語解説が吹き出しで表示されます。

協和発酵キリンの創薬は、医薬品の研究・開発から製造に至るまで、あらゆる技術・知見・ノウハウを統合し、最大限に活かせるよう8つのプロセスに分かれています。

1 創薬基盤研究 2 探索研究 3 開発研究 4 臨床開発 5 トランスレーショナルリサーチ 6 生産技術研究 7 生産・品質保証 8 育薬

1.創薬基盤研究

新しいメカニズムに基づく新薬開発のために、遺伝子、タンパク質など新たな可能性を分子レベル / 細胞レベルで 追求します。

2.探索研究

合成化学やバイオテクノロジーを駆使し、多角的な視点で新薬の可能性を秘めた「種(創薬シーズ)」を探索します。

3.開発研究

医薬品としての創薬シーズを、有効性・安全性などあらゆる視点から評価し、価値ある新薬候補を創出します。

4.臨床開発

国内はもちろん、欧米やアジアにも開発拠点を設け、各国の定めた基準に従って高い治験品質で有効性・安全性を評価します。

5.トランスレーショナルリサーチ

基盤・探索研究で見出された新薬の種について、早期から社内外の研究機関などと連携し、臨床での効果を予測して創薬に繋げます。

6.生産技術研究

創薬シーズを基にして、高品質な製品を、高効率に生産、供給するためのプロセスの開発を進めています。より付加価値の高い製品を提供するための製剤化技術の開発も行っています。

7.生産・品質保証

最新の製造技術・設備を有した国内3カ所の工場では、原薬から製品まで厳格なチェック体制のもと、世界品質の製品を生産し、国内・海外に供給します。

8.育薬

承認取得後の医薬品についても、市販後研究によってリスク・ベネフィットを評価したり、製剤に改良を加えて付加価値を付けることで、より良い薬に育てていきます。

ページトップへ