研究開発・生産

文字サイズ
文字サイズ標準で見る
文字サイズ大で見る
文字サイズ特大で見る

研究開発

用語解説機能
オレンジ色の下線が引かれた用語をクリックすると、用語解説が吹き出しで表示されます。

協和発酵キリンの研究開発についてご紹介します。

研究開発の特徴

アンメット医療ニーズに応える画期的な医薬品を継続的に創製し、いち早く上市することを目指して、4つのカテゴリー毎に創薬から開発、育薬までを統括して取り組む体制で研究開発を進めています。また外部研究機関との共同研究等を活用したオープンイノベーションによる、革新的な創薬技術の確立や新規医薬品候補の創製も強化しています。探索研究から臨床試料を用いたトランスレーショナルリサーチも積極的に取り入れ、より確かな医薬品を開発するための研究開発体制を強化しています。

研究機能ユニット

化学研究所、創薬技術研究所、創薬基盤研究所の3つの研究所が、効率的な医薬品の創製、次世代抗体核酸医薬等の革新的な創薬技術の創出と基盤技術の高機能化に取り組んでいます。それらの技術プラットフォームを踏まえて、カテゴリーの研究開発と効果的に連携して創薬に貢献しています。

カテゴリーR&Dユニット

4つの重点カテゴリーに対して、腎研究所、がん研究所、免疫・アレルギー研究所、中枢神経研究研を設立し、創薬研究や育薬研究を立案・実行するカテゴリー研究所と研究開発戦略の立案とプロジェクト統括推進を担うカテゴリーR&Dマネジメントオフィスを設けて、創薬研究、導入品評価、臨床開発、育薬活動を一貫して取り組んでいます。

トランスレーショナルリサーチユニット

安全性試験、薬物動態試験、ファーマコゲノミクス、インフォマティクス等の基盤技術およびレギュラトリーサイエンスを活用し、医薬品の評価・承認に必要な非臨床試験や臨床薬理試験を通して、コンセプトを臨床で実証して確実に上市につなげる役割を担っています。またバイオマーカー研究にも積極的に取り組み、関係会社と協力してコンパニオン診断薬の開発を行うとともに、開発スピードの向上も目指しています。

開発機能ユニット

質の高い臨床試験の計画と透明性の高いモニタリングを通じて、開発品の安全性と有効性を評価する臨床開発センター、膨大な臨床試験データの管理と専門的統計解析業務に携わるバイオメトリックス部、臨床試験の品質確保と効率化を担う開発推進部からなり、製造販売承認の早期取得を目指しています。

ページトップへ