専門医からのメッセージ

よりよい対策の参考に

山本医院

副院長 山本 肇先生

住所・診療科名

〒930-0087 富山県富山市安野屋町2丁目2-3

TEL 076-432-8228

診療科名:泌尿器科、皮膚科

プロフィール

出身地:富山県

専門:腫瘍学、尿失禁、夜尿症

趣味:エアロビクス、スキー

当科の夜尿症の治療方針

夜尿症が治る時期は原因によって異なりますが、原因を調べ、治療法を決定し、あせらず、叱らず、継続的に治療を行うことで、より早く夜尿が治ると考えています。

お母さん、お父さんへ

夜尿症が学齢期まで継続している場合には、お子さまが自信を喪失し、心理面、生活面にいろいろ影響を与えることがあります。年齢と夜尿回数を参考にしながら、とにかく受診してください。
夜尿症の兄弟が2人同時に生活指導と治療を開始し、お互いに競い合って1ヶ月目には2人ともかなりの改善が認められ、6ヶ月以内に2人とも治癒したケースがありました。この例でもわかるように、本人の「治りたい、治そう」という気持ちがとても重要なのです。

先生からお子さまへのメッセージ

おねしょをしているこどもは君1人だけではないよ。
同級生の中にも同じ問題をかかえているこどもが2人や3人はいる。
きっと、おねしょをしないようになれる!
先生がその助けをしてあげるよ。一緒にがんばろうね。