専門医からのメッセージ

よりよい対策の参考に

岡部こども医院

院長 岡部 敬先生

住所・診療科名

〒939-8211 富山県富山市二口町1-12-7

TEL 076-422-7111

http://www.okabe-kodomo.jp/

診療科名:小児科

プロフィール

出身地:石川県

専門:小児内分泌、糖尿病

趣味:山登り、テニス

当科の夜尿症の治療方針

毎晩の夜尿に悩むお子さまとそのご両親は決して少なくありません。しかし夜尿はその多くが自然に消失するため、医療機関を受診しても、適切な検査や生活指導を受けることなく、経過観察される場合が多いようです。当院では「あせらない」・「おこらない」・「起こさない」をモットーに、それぞれのお子さまの夜尿の原因をタイプ別に分類し、それに応じた生活指導や薬物療法を行います。

お母さん、お父さんへ

目先の夜尿をなくすことばかりに心がいっていませんか?まずお子さまが夜尿のせいで何事にも消極的で、自信を失っていないか、注意してあげてください。また、今一度お子さまの生活習慣を見直してみてください。毎日、「早くオシッコに行きなさい」と言い過ぎていませんか?親の都合で夕食の時間が遅くなったりしていませんか?夕食時やお風呂あがりに水分を摂りすぎていませんか?
5‐6歳を過ぎても毎晩夜尿が見られたり、一度消失した夜尿が再び現れた場合はご相談ください。当院では夜尿に対し、まず生活指導から開始します。

先生からお子さまへのメッセージ

オネショがあるからって、自信を無くさなくていい。
誰だってみんな、最初はオネショをしていたんだ。
それが治るのが、早いか遅いかの違いだけで、君のオネショもきっと治る。自信を持とう!
ただ、君自身がオネショを「治したい」から「治そう」という、強い気持ちをもち続けることが大切だよ。
そのために、先生がいつも言っている毎日の生活で注意する事を努力して下さい。
継続は力なり!