専門医からのメッセージ

よりよい対策の参考に

さかいこどもクリニック

院長 酒井 圭子先生

住所・診療科名

〒675-2312 兵庫県加西市北条町北条28-1 アスティアかさい 2F

TEL 0790-43-0415

http://www.mediqube.com/sakai/

診療科名:小児科、アレルギー科

プロフィール

出身地:兵庫県

専門:小児科一般

趣味:社交ダンス(日本ボールルームダンス連盟認定プロ)

当科の夜尿症の治療方針

小学生までは経過観察、小学生以上が治療対象となります。
まず、夜尿の原因・タイプを調べ、治療が必要な場合は、その子に合った治療法を選択します。

お母さん、お父さんへ

おねしょがコンプレックスになっていたお子さまは、夜尿症が治ると性格も明るく前向きになっていきます。おねしょは治療をすれば治るケースがほとんどです。私はそれを少し手助けしてあげるだけです。
目安としては小学生になってもおねしょが週に半分以上ある場合ですが、自然学校の直前になって受診されても、すぐには治療効果が現れないこともあります。出来れば7‐8歳で受診された方が良いと思います。

先生からお子さまへのメッセージ

おねしょはちりょうをすればよくなってきます(人によって時間がかかることもありますが…)。
おねしょを気にしておとまりができない子は、なやんでいないで、ぜひそうだんしてください。
早くなおして安心しておとまりができるようにしましょう!