専門医からのメッセージ

よりよい対策の参考に

土屋小児科

理事長 土屋 弘吉先生

住所・診療科名

〒327-0024 栃木県佐野市亀井町2639

TEL 0283-22-1331

診療科名:小児科

プロフィール

出身地:東京都

専門:小児科

趣味:読書、音楽鑑賞

現職:理事長

生活指導、薬物治療、アラームを用いた治療

昼間尿失禁を伴わない夜尿は、ほとんど自然治癒すると考えられます。ですが、小学校高学年になるといろいろ支障が出てきますので、症状に応じて7、8歳頃から薬による治療やアラームを用いた治療を開始します。2‐3ヵ月に1度くらい、お子さんとお母さんもしくはお父さんとともに来院していただき、お話しを伺って指導しています。

当科の夜尿症の治療方針

昼間尿失禁を伴わない夜尿は、ほとんど自然治癒すると考えられます。ですが、小学校高学年になると、いろいろ支障が出てきますので、症状に応じて7、8歳頃から薬による治療やアラームを用いた治療を開始します。2‐3ヶ月に1度くらい、お子さまとお母さんもしくはお父さんとともに来院していただき、お話をうかがって指導しています。

お母さん、お父さんへ

おねしょはお子さまの責任ではありませんので、優しく見守って欲しいと思います。来院いただいた時は、生活についての三原則、すなわち『起こさない、焦らない、怒らない』を良くお話ししています。

先生からお子さまへのメッセージ

あなたが悪いんじゃないんだよ。
おねしょをしてもいいんだよ。
早く治すために、早寝・早起き・毎朝排便をして規則正しい生活をしようね。