夜尿症ってなあに?

ご家族のための夜尿症講座!!

夜尿症はどれくらいの子どもにみられるの?

生まれて2歳頃までは毎晩夜尿をしますが、その割合は年齢とともに減っていきます。2~3歳児ではその1/2~1/3、4歳児では1/4のお子さまが夜尿をしています。

2才 50%、5才 20%、10才 5% 出典:二木武,帆足英一 他,新版 小児の発達栄養行動:医歯薬出版,1984

5、6歳で約15%、小学校低学年で約8%、小学校高学年で約5%に夜尿症がみられます。12歳を過ぎると、その多くは消失していきますが、成人になっても夜尿症がみられる場合があります(0.1~0.3%程度)。

夜尿症患者の目安
幼稚園年長時 約15%
小学校3年生 約8%
小学校5~6年生 約5%

出典:堀加代子,チャイルドヘルス:14(6),36-40,2011

夜尿症は年齢が5~6歳以降の夜尿を指し、小学校5年生でも約5%(1クラスに2~4名程度)いるとされる頻度の高い病気なのです。
夜尿症の罹患(りかん)率は諸外国と日本とで同じとされ、人種差に関係なく学童期の子どもによくみられるものです。