ニュースリリース

文字サイズ
文字サイズ標準で見る
文字サイズ大で見る
文字サイズ特大で見る

2013年3月7日

高崎工場に新製剤棟着工

 協和発酵キリン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:花井 陳雄、以下「協和発酵キリン」)は、2013年5月に高崎工場(群馬県高崎市、工場長:中島 祥八)で新製剤棟(HA5棟)建設に着手します。

 協和発酵キリンでは、生産拠点の再編成を進める一環として、富士工場(静岡県駿東郡)で製造している製品の一部をHA5棟に移管します。HA5棟は、富士工場から移管する製品の他、現在、高崎工場内の製剤棟で製造している製品、および新たに当社が開発する製品を製造する予定です。HA5棟の特徴は、バイオ医薬品の注射剤を中心に多品目を効率よく生産することを目的としたプラントであり、3極GMP(欧州、米国、日本の医薬品製造管理基準)に準拠してグローバルに製品を供給できるプラントであるとともに、免震構造、非常用発電機による電力バックアップを採用して震災時の事業継続を考慮したプラントとなります。なお、HA5棟の稼働開始は2016年、商業生産開始は2017年を予定しております。

 協和発酵キリンは、これからも高品質な医薬品を安定的に患者さんにお届けできるよう、生産体制の強化に取り組んで参ります。

【施設概要】

名称 HA5棟
規模 鉄骨造 4階建 延べ床面積 約4,106m2
投資額 約46億円
用途 注射製剤の製造
竣工予定 2014年第2四半期(4月~6月)
稼働開始 2016年
商業生産開始 2017年
特徴 (1)凍結乾燥、液剤などバイオ医薬品を中心に多品目の生産が可能
(2)3極GMP(欧州、米国、日本の医薬品製造管理基準)に準拠
(3)免震構造、非常用発電機を採用


ページトップへ