ニュースリリース

文字サイズ
文字サイズ標準で見る
文字サイズ大で見る
文字サイズ特大で見る

2012年8月6日

パーキンソン病の疑問に専門医がお答えしたQ&A
『パーキンソン病サポートネット』に新コンテンツ掲載

 協和発酵キリン株式会社(本社:東京都千代田区、社長:花井 陳雄、以下「協和発酵キリン」)は、自社webサイト内のパーキンソン病の疾患情報サイト『パーキンソン病サポートネット』(http://www.kyowa-kirin.co.jp/parkinsons/)にパーキンソン病に関する疑問や悩みに、専門医がお答えしたQ&Aのコンテンツを掲載しました。

 Q&Aは、患者さんから寄せられたパーキンソン病に関する疑問や悩みをわかりやすくカテゴリーに分けて掲載しました。2012年中に随時更新し、20以上のQ&Aを掲載する予定です。
 また、2012年7月27日に発売しましたアポカイン®皮下注30mgをご利用いただく患者さんに、より安全に正しくお使いいただくためのお薬の情報やご利用方法について紹介したページを追加しました。

 パーキンソン病は、脳の黒質にあるドパミン神経が減少することにより、運動機能の障害などが生じる疾患です。10万人あたり100~150人の方が罹患すると言われており、患者さんは高齢になるにしたがい増える傾向にあります。発症のピークは50~65歳です。
 現状、パーキンソン病を完全に治す治療法はありませんが、お薬やリハビリテーションによって症状を改善することで、今までと同様の生活をおくっていただくことが可能です。

 協和発酵キリンは、パーキンソン病に関する情報サイトの運営を通じて、患者さんのQOL(生活の質)向上のお役に立ちたいと考えています。

新コンテンツ
・専門医が答えるQ&A(http://www.kyowa-kirin.co.jp/parkinsons/qa/
・アポカインをお使いの患者さんとそのご家族へ(http://www.kyowa-kirin.co.jp/parkinsons/apo/

 



ページトップへ