ニュースリリース

文字サイズ
文字サイズ標準で見る
文字サイズ大で見る
文字サイズ特大で見る

2012年7月24日

第一ファインケミカル医薬原薬製造設備竣工のおしらせ

 協和発酵バイオ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石野 修一、以下「協和発酵バイオ」)の子会社である第一ファインケミカル株式会社(本社:富山県高岡市、代表取締役社長:岡田 照美、以下「第一ファインケミカル」)は、本社工場内に建設していた医薬品原薬製造設備が完成し、7月24日に竣工式を執り行いましたので、お知らせいたします。

 新たに完成した原薬製造設備は、地上5階建て、延床面積約6,500m2であり、日本・米国・欧州3極における医薬品の製造管理及び品質管理の基準(GMP)に対応した設備です。

 本原薬製造設備では、2010年1月に協和発酵キリン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:花井 陳雄、以下「協和発酵キリン」)が発表した2010-2012年度中期経営計画における生産基本戦略に則り、協和発酵キリンの四日市工場、堺工場で製造している低分子医薬品原薬の受託製造を行うと共に、その他の医薬品原薬の製造も行う計画です。

 協和発酵バイオは、協和発酵キリングループにおいて、医薬品原薬・中間体および健康食品素材・化粧品原料などを製造販売するバイオケミカル事業を担っております。第一ファインケミカルは協和発酵バイオの中核企業として、高付加価値素材の製造販売への事業転換を図っております。今回の本原薬製造設備の建設はその一環であり、今後も、医薬品原薬・中間体事業の基盤強化を推進し、グループ内企業のみならず多くの医薬製販企業に高品質な製品の安定供給を実現してまいります。


【新規原薬製造設備概要】
(1)場所:第一ファインケミカル株式会社 本社工場(富山県高岡市長慶寺530番地)
(2)主要設備の規模:地上5階、延床面積約6,500m2
(3)工期:2011年3月8日着工、2012年7月24日竣工


【会社概要】
(1)協和発酵バイオ株式会社
本社:東京都千代田区大手町1-6-1
設立:2008年10月1日
資本金:100億円
売上高:775.6億円(2011年12月期実績)
代表者:代表取締役社長 石野 修一
事業内容:医薬品原料、各種アミノ酸、健康食品、植物成長調整剤の製造・販売
URL:http://www.kyowahakko-bio.co.jp/

2008年10月1日、協和発酵バイオは、協和発酵キリンの100%子会社として新たに設立されました。協和発酵バイオは、協和発酵工業(現 協和発酵キリン)がグルタミン酸発酵の発明以来50年間培ってきた資産、人材、技術開発力を引き継ぎ、その基盤の上に、「発酵と合成の有機的結合」を大きな目標として掲げ、今後も多種多様な製品を革新的に開発し、医薬品や健康食品などを通じて世界の人々の健康と豊かさに貢献してまいります。

(2)第一ファインケミカル株式会社
本社:富山県高岡市長慶寺530番地
設立:1951年12月29日
資本金:62億76百万円
代表者:代表取締役社長 岡田 照美
事業内容:医薬品、動物用医薬品、体外診断用医薬品、食品添加物、飼料添加物、化粧品、試薬、化成品等の製造、販売、輸出および輸入
URL:http://www.daiichi-fcj.co.jp/

 

 



ページトップへ