ニュースリリース

文字サイズ
文字サイズ標準で見る
文字サイズ大で見る
文字サイズ特大で見る

2012年5月14日

復興応援 キリン絆プロジェクト 
2012年度「協和発酵キリン卓球教室」を岩手県、宮城県、福島県の10会場で開催 
子どもの笑顔づくり支援に貢献します

 協和発酵キリン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:花井陳雄、以下「協和発酵キリン」) は、キリングループで推進する「復興応援 キリン絆プロジェクト注1」の一環として、「子どもの笑顔づくり支援 協和発酵キリン卓球教室」を今年は岩手県、宮城県、福島県の10会場で開催します。

 「協和発酵キリン卓球教室」は、卓球を通じて、被災した子どもたちの元気と笑顔を取り戻したいとの思いから2011年11月に取り組みを開始しました。昨年は、岩手県、宮城県、福島県の5会場で小中学生を中心に約1,500名を対象に開催しました。

 この卓球教室では、実業団トップクラスの当社卓球部員や当社の元社員でありプロ卓球選手であった松下浩二氏と直接触れ合う場を提供し、卓球の技術指導を行うとともに、「いのち」とまっすぐ真摯に向き合うことの大切さを伝えるなど、子どもたちの夢と希望の創造と豊かな心の成長を支援します。

 協和発酵キリンでは、この他にも、今年から仮設住宅における卓球交流会、障害者の方を対象とした卓球交流会を開催し、誰もが楽しめる卓球を通じて被災地の皆さまの笑顔の輪を広げる活動を展開します。

 被災地の一日も早い復興を心より祈念するとともに、キリングループとして、引き続き被災地の皆さまの支援に尽力してまいります。


2012年度「協和発酵キリン卓球教室」概要

1.主催:協和発酵キリン株式会社
2.協力:ヤマト卓球株式会社注2、各県・各地域卓球協会
3.開催日時・場所:岩手県・宮城県・福島県の10会場で実施
開催日時 開催会場 申込み窓口
5月19日(土)
13:00~16:00
岩手県
奥州市総合体育館
奥州市卓球協会
<電話> 090-4639-2431
5月20日(日)
13:00~16:00
福島県
喜多方市押切川公園体育館
喜多方市卓球協会
<電話> 0241-22-5113
7月28日(土)
13:00~16:00
岩手県
紫波町総合体育館
紫波町卓球協会
<電話> 090-6226-3895
7月29日(日)
13:00~16:00
宮城県
未定
宮城県卓球協会
<電話> 022-233-8364
8月1日(水)
13:00~16:00
福島県
二本松市二本松城山体育館
二本松市卓球協会
<電話> 0243-22-3033
8月19日(日)
13:00~16:00
福島県
相馬市松川浦スポーツセンター
福島県卓球協会相双支部
<電話> 090-2026-6710
9月22日(土)
13:00~16:00
岩手県
宮古市総合体育館
宮古市卓球協会
<電話> 090-4553-3109
9月23日(日)
13:00~16:00
宮城県
未定
宮城県卓球協会
<電話> 022-233-8364
10月27日(土)
13:00~16:00
宮城県
未定
宮城県卓球協会
<電話> 022-233-8364
11月23日(金)
13:00~16:00
宮城県
未定
宮城県卓球協会
<電話> 022-233-8364
宮城県の開催会場については、決まり次第お知らせします。

4.応募要項:
   (1)応募資格: 岩手・宮城・福島県在住の小中高生。
  (2)応募方法: 各県卓球協会または開催地の市区町村卓球協会にお申込みください。
  (3)応募締切: 各回毎に異なりますので、各申込み窓口にお問合せください。
  (4)募集人数: 各回とも300名程度

5.指導:協和発酵キリン 男子卓球部
          1974年に創部し今年で39年目。各大会で優勝を収め、オリンピックや世界大会にも数多くの選手を輩出。
2006年にはJOCよりトップアスリートサポート賞を受賞、2011年には日本卓球リーグ通算300勝(史上初)を達成。
   田勢 邦史 (たせい くにひと)
世界選手権大会代表(1回)
   坂本 竜介 (さかもと りゅうすけ)
世界選手権大会代表(3回)
   下山 隆敬 (しもやま たかのり)
2009全日本社会人シングルス優勝
   小野 竜也 (おの たつや)
2010全日本社会人シングルス3位
   笠原 弘光 (かさはら ひろみつ)
2010全日本選手権シングルスベスト8
   松平 賢二 (まつだいら けんじ)
世界選手権大会代表(3回)・2012世界選手権大会団体銅メダリスト

6.特別指導: 松下 浩二 (まつした こうじ)※日程により参加できない回もあります。
          元全日本チャンピオン(4回)。プロ卓球選手として、国内だけでなく欧州3大リーグで活躍。4度のオリンピック出場を果たし、2009年1月に現役を引退。現在は実業界に転じ、ヤマト卓球株式会社社長として活躍中。


注1. 復興応援 キリン絆プロジェクト
キリングループでは、東日本大震災の復興支援活動を「復興応援 キリン絆プロジェクト」とし、グループをあげて継続的に支援活動を行っています。本プロジェクトでは、「絆を育む」をテーマに、「地域食文化・食産業の復興支援」「子どもの笑顔づくり支援」「心と体の元気サポート」の3つの幹で活動を進め、この活動を通じて産業が活性化し、将来に希望を持つ子供たちが増えてコミュニティーに元気が広がり、地域全体が活性化していくことで継続的な復興につながることを目指しています。
復興応援キリン絆プロジェクト全体の取り組みはこちら

注2. ヤマト卓球株式会社概要
  本社所在地 〒556-0011 大阪市浪速区難波中3丁目6番3号
電話 06-6633-1951
http://www.tsp-yamato.com/
  事業所 札幌、東京、名古屋、福岡
  代表取締役社長 松下浩二
  設立 1934年5月
  事業内容 TSP、VICTASおよびアスト-ル商標の卓球用品
国際卓球連盟公認、日本卓球協会指定球TSPアスト-ル卓球ボールの他、日本卓球協会公認の卓球ラケット、ラバ-、卓球台、その他卓球及び卓球用具および卓球用服装の製造販売。

 



ページトップへ