ニュースリリース

文字サイズ
文字サイズ標準で見る
文字サイズ大で見る
文字サイズ特大で見る

2011年6月29日

新製剤工場の建設計画のお知らせ

 協和発酵キリン株式会社(本社:東京都千代田区 社長:松田 譲 以下「協和発酵キリン」)は、医療用医薬品の製造拠点である宇部工場(所在地:山口県宇部市藤曲)内に、内服固形製剤医薬品を製造する新工場を建設いたします。

 協和発酵キリンでは、生産拠点の再編成を進めており、この度、内服固形製剤工場を宇部工場敷地内に建設し、当社富士工場(所在地:静岡県駿東郡長泉町)の一部機能を移管することといたしました。

 新工場は最新製造エンジニアリング技術を導入した自動化設備を有しており、2011年9月に着工、2012年12月に竣工し、2014年の12月頃には稼動を開始する予定です。
 なお、新工場建設にかかる投資金額は総額で約40億円を見込んでいます。

 協和発酵キリンは、新工場建設により、一層高度なGMP(医薬品の製造管理及び品質管理規則)レベルを実現すると共に、自動化による生産効率向上ならびにコスト競争力の強化を図ります。


<新工場建設計画の概要>
事業所名 協和発酵キリン株式会社 宇部工場
建設先 山口県宇部市大字藤曲2547-3
敷地面積 63,388 m²
建設面積 3,269.54 m²
事業内容 最新製造エンジニアリング技術導入を特徴とする自動化工場による
新規内服固形製剤の製造
着工予定 2011年9月1日
操業予定 2014年12月頃
設備投資額 約40億円
従業員数 約80名(予定)


 



ページトップへ