ニュースリリース

文字サイズ
文字サイズ標準で見る
文字サイズ大で見る
文字サイズ特大で見る

2011年1月21日

血小板造血刺激因子製剤/トロンボポエチン受容体作動薬
「ロミプレート®皮下注 250μg調製用」の製造販売承認取得について

 協和発酵キリン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松田 譲)は、2011年1月21日に「ロミプレート®皮下注 250μg調製用」(以下、「ロミプレート®」)の製造販売承認を取得しましたので、お知らせいたします。なお「ロミプレート®」は2010年2月2日に希少疾病用医薬品の指定を受けたバイオ医薬品です。

 「ロミプレート®」は、トロンボポエチン注1受容体に作用する遺伝子組換えタンパク質で、血小板の増殖・分化を促進する「血小板造血刺激因子製剤」です。慢性特発性血小板減少性紫斑病注2(Chronic Idiopathic Thrombocytopenic Purpura:慢性ITP)を対象とした国内外での臨床試験において、長期間持続した血小板増加効果と忍容性が示されており、2010年12月現在、欧米を始め、28カ国で承認されています。

 「ロミプレート®」は、これまで慢性ITP治療に広く用いられてきた薬剤と異なる作用機序で血小板増加を促進します。今回の承認取得により、慢性ITP治療における新たな選択肢として「ロミプレート®」が患者さんや医療関係者の皆様に貢献できると考えています。

 当社は、最先端のバイオテクノロジーを駆使して、画期的な新薬を継続的に創出し、開発・販売をグローバルに展開することにより、世界の人々の健康と豊かさに貢献する、日本発のグローバル・スペシャリティファーマを目指していきます。

 「ロミプレート®」の製品概要

製品名 ロミプレート®皮下注 250μg調製用
一般名 ロミプロスチム(遺伝子組換え)
効能・効果 慢性特発性血小板減少性紫斑病
用法・用量 通常、成人には、ロミプロスチム(遺伝子組換え)として初回投与量1μg/kgを皮下投与する。投与開始後は血小板数、症状に応じて投与量を適宜増減し、週1回皮下投与する。また、最高投与量は週1回10μg/kgとする。
承認取得日 2011年1月21日

注1.トロンボポエチン
 トロンボポエチン(thrombopoietin:TPO)は血小板産生を促進する主要な造血因子です。

注2.慢性特発性血小板減少性紫斑病
 主に、血小板に対する自己抗体の産生等が原因で、血小板数が減少する自己免疫疾患です。



ページトップへ