ニュースリリース

文字サイズ
文字サイズ標準で見る
文字サイズ大で見る
文字サイズ特大で見る

2010年3月19日

バイオ生産技術研究所内に、国内有数の治験用抗体原薬製造設備を竣工

 協和発酵キリン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松田譲)は、2008年11月よりバイオ生産技術研究所(高崎市)にA原薬棟(モノクローナル抗体原薬製造設備)を建設してまいりましたが、2010年3月19日に竣工式を執り行いましたので、お知らせいたします。このA原薬棟は世界最大クラスの組換え動物細胞の培養装置(2,000L培養槽2基、5,000L培養槽1基、10,000L培養槽1基)と精製装置が設置されています。当社は抗体医薬の研究開発に取り組んでおり、本施設の稼動により抗体医薬品(パイプライン)の一層の開発進展を期待するものであります。


【竣工式概要】
開催日: 2010年3月19日(金)
場所: バイオ生産技術研究所 (群馬県高崎市萩原町100-1)
当社出席者: 代表取締役社長 松田譲 他


【施設概要】
名称: A原薬棟
規模: 鉄筋造 4階建 延べ床面積 約6000m²
投資額: 約100億円
用途: タンパク質医薬品 (主にモノクローナル抗体医薬品)の治験用原薬の製造
(将来的には上市品原薬の製造も検討する)
稼動開始: 2010年3Q(7月~9月)に稼動予定
特徴:

(1)日本、米国、欧州の三極GMP適合施設である。

(2)複数製品を製造できるマルチプロダクト製造施設である。

(3)2製造ラインを有しており、様々な収量の製造にフレキシブルに対応できる。

(4)動物細胞培養設備として、2,000L培養槽を2基、5,000L培養槽を1基、10,000L培養槽を1基有する。

(5)高発現プロセスへの対応、製造スケジューリングの柔軟性向上、コスト削減、最新のGMPへの適合などのために、シングルユース技術、インライン希釈設備、原薬急速冷凍設備、独立した粉体取扱設備、大口径カラムなどの最新技術が導入されている。






ページトップへ