CSR

文字サイズ
文字サイズ標準で見る
文字サイズ大で見る
文字サイズ特大で見る

くすりの適正使用の推進

協和発酵キリンは、医薬品の適正使用の推進を最優先に情報提供を行っています。薬剤に関するさまざまな情報があふれている中で、患者さんや医療関係者に対し、正しい情報を迅速に伝えることが重要だと考えています。当社は、医薬情報担当者(Medical Representative:MR)による活動とともに、くすり相談窓口(コールセンター)や医療関係者向けWebサイトを設けたマルチチャネルの仕組みによって、近年の医療環境の変化に対応したタイムリーな情報提供を実現しています。また、収集した情報を社内の各専門部署へ連携し、製品の安全性や品質の保証はもちろん、製品価値の最大化を目指した「育薬」を意識した取り組みを推進しています。

医薬情報担当者(Medical Representative:MR)

患者さんにとって、より良い治療に役立つ情報を、高い専門性を活かして医療関係者へ提供しています。特に、医療関係者からの期待とともに疑問の多い新薬の有効性や安全性に関する情報、また、既存製品の適応拡大などによる付加価値についての情報提供に注力しています。

くすり相談窓口(コールセンター)

主に薬剤師などの医療関係者から寄せられる約40,000件/年のお問い合わせに対応しながら、より多くの方に情報共有できるよう、WebサイトのFAQで情報を提供しています。また、担当者が迅速・適切に対応できるよう、外部による評価やトレーニングなどを通じた能力向上にも継続して取り組んでいます。

Webサイト「kksmile®

医療関係者向けサイト「kksmile®」では、腎・循環器・糖尿病、がん・血液、免疫・アレルギー、中枢・消化器領域に関わる当社製品の詳しい情報や疾患関連の学会報告および論文発表など最新学術情報を発信しています。より分かりやすい動画コンテンツの充実にも展開しています。



ページトップへ