CSR

文字サイズ
文字サイズ標準で見る
文字サイズ大で見る
文字サイズ特大で見る

くすりの適正使用の推進

協和発酵キリンは、医薬品の適正使用の推進を最優先に情報提供を行っています。薬剤に関するさまざまな情報があふれている中で、患者さんや医療関係者に対し、正しい情報を迅速に伝えることが重要だと考えています。当社は、医薬情報担当者(Medical Representative:MR)による活動とともに、くすり相談窓口(コールセンター)、医療関係者向けや患者さん・一般向けWebサイトを設けたマルチチャネルの仕組みによって、近年の医療環境の変化に対応したタイムリーな情報提供を実現しています。また、収集した情報を社内の各専門部署へ連携し、製品の安全性や品質の保証はもちろん、製品価値の最大化を目指した「育薬」を意識した取り組みを推進しています。

医薬情報担当者(Medical Representative:MR)

高い専門性を活かして、患者さんにとってより良い治療に役立つ情報を医療関係者に提供しています。特に、医療関係者からの期待とともに疑問の多い新薬の有効性や安全性に関する情報、また、既存製品の適応拡大などによる付加価値についての情報提供に注力しています。

くすり相談窓口(コールセンター)

日本製薬工業協会が提唱するくすり相談の役割・使命に則り、弊社の医療用医薬品に関する適正使用情報を提供しています。医療関係者のみならず、患者さん、一般の方からの電話によるお問い合わせにも対応しています。なお、個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問い合わせ、医師の診断を要する健康相談・治療内容に関するお問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。
また、医療関係者向け「kksmile®」に、よくあるお問い合わせをとりまとめ、「よくある医薬品Q&A」として公開しています。医薬品の適正使用にあたっての参考情報としてご利用いただけるよう充実を図っています。

Webサイト

医療関係者向け「kksmile®新しいウィンドウでリンクを開く

腎・循環器・糖尿病、がん・血液、免疫・アレルギー、中枢・消化器領域に関わる当社製品の詳しい情報や疾患関連の学会報告および論文発表など最新学術情報を発信しています。より分かりやすい動画コンテンツの充実も展開しています。

患者さん・一般向け「病気と健康の情報サイト

病気の原因や症状、治療法、日常生活などの情報を紹介しています。現在は、慢性腎臓病、糖尿病、花粉症、皮膚のかゆみ、夜尿症、パーキンソン病、骨髄異形成症候群(MDS)、特発性血小板減少性紫斑病(ITP)、造血幹細胞移植のテーマでサイトを開設しており、内容の充実、使いやすさ、分かりやすさの向上に努めています。



社会との共有価値

ページトップへ