CSR

文字サイズ
文字サイズ標準で見る
文字サイズ大で見る
文字サイズ特大で見る

人材育成と組織風土

協和発酵キリングループは、経営理念を実現するために、当社グループの価値観と行動規範に基づき、高い倫理観をもって行動し、社会から信頼される企業グループを目指しています。

事業を取り巻く環境変化が激しさを増す中、リーダーシップを発揮し、自律的に変革に挑む人材の確保・育成が不可欠と認識しています。また、多様な背景を持つ個々の能力を活かし、新たな価値を生み出す共創の場を提供することが必要と考えています。
当社グループは、人材をイノベーションの源泉ととらえ、当社グループ社員一人ひとりの能力を最大限引き出し、変革に挑み新しい価値を創造し続ける人と組織をつくることを目指します。

以上の背景を踏まえて、当社グループにおける社員と会社の関係および社員の能力開発に対するグローバル共通の考え方を明確に示し、変革に挑み新しい価値を創造し続ける人・組織づくりを強化するため、「協和発酵キリングループ 人材マネジメント基本方針」を定めました。

人材育成制度の全体像

協和発酵キリンは、グローバル・スペシャリティファーマ(GSP)への飛躍に向けて、生産性を向上させ、イノベーションを生み出す組織風土醸成の源泉となる人材を育てるために、業務を通じた成長機会の提供のみならず、職位や目的に合わせたきめ細かい人材育成プログラムを整備しています。

協和発酵キリンでは、管理職社員を「経営職」、非管理職社員を「一般職」とそれぞれ呼称します。

スマートワーク推進プラン

協和発酵キリングループは、生産性を重視する組織風土を醸成し、働き方に関する満足度の高い組織を目指して「スマートワーク推進プラン」を策定し、働き方改革に取り組んでいます。「スマートワーク推進プラン」は、効率的な働き方や適正な労働時間管理に関する意識を高め、業務多忙な中にあっても各職場、社員一人ひとりが、目標に向かって小さな1歩を踏み出すことを促す取り組みです。

従業員意識調査

協和発酵キリングループは、協和発酵キリン及び国内外のグループ子会社を対象にグローバルで統一した従業員意識調査を実施しています。組織の強みと改善課題を把握することで、組織を活性化する取り組みにつなげています。

従業員との対話

協和発酵キリンは、各自の人間性を尊重し、働きやすい職場環境の維持、組織風土の醸成の実現に向け、パートナーシップの考えのもと、お互いの立場を尊重し、労働組合と建設的な議論を重ねています。また、国内グループ各社においても、労使協議を通じて、健全な労使関係の構築・維持に努めています。



ページトップへ