CSR

文字サイズ
文字サイズ標準で見る
文字サイズ大で見る
文字サイズ特大で見る

研究・開発における倫理的配慮

創薬の研究開発プロセスにおいて、ヒト由来試料を利用した研究の重要性が増すなど、十分な倫理的配慮の必要性が高まっています。協和発酵キリングループは、医薬品医療機器等法(旧薬事法)をはじめとする関連法規の遵守はもとより、ヘルシンキ宣言の精神に則り 人権の尊重や個人情報の保護、研究成果の信頼性確保するため、従業員に対する教育研修とともに、第三者認証の取得や、第三者からの審査機会を設けています。

主な取り組み

  • 研究開発で取り扱う細胞・微生物・化学物質に対しての関連法規制を遵守した適正管理
  • 国際水準の動物福祉に配慮した飼養施設維持と実験適正管理
  • 人を対象とする医学系研究に対する、外部委員を含む研究倫理審査委員会による科学的・倫理的な観点からの審査
    (研究倫理関連指針に基づき、研究の情報をこちらにて公開しております。)
  • 医薬品医療機器等法(旧薬事法)とGCP(Good Clinical Practice:医薬品の臨床試験の実施の基準)、GPSP(Good Post-marketing Study Practice:医薬品の製造販売後の調査及び試験の実施の基準)を遵守した臨床研究の実施管理

国際水準の動物福祉に配慮した飼養施設維持と実験適正管理

医薬品の有効性や安全性を確認するためには、動物を用いた実験が不可欠です。協和発酵キリンでは、動物実験に関する法令やガイドラインを踏まえた「動物実験規程」を制定し、動物福祉の観点に配慮しつつ、科学的観点に基づいて実験動物の飼養管理および動物実験を適正に実施するためのさまざまな取り組みを実践しています。

協和発酵キリン株式会社動物実験規程に基づく動物実験に対する当社の基本姿勢(PDF:139KB/1ページ)

当社は、厚生労働省指針および国際的なガイドラインに基づいて動物実験を適正に実施・自己点検しています。さらに東京リサーチパークと富士リサーチパークにおいて、2013年11月に国際的な第三者動物実験施設評価機関であるAAALAC International (Association for Assessment and Accreditation of Laboratory Animal Care International:国際実験動物ケア評価認証協会) の訪問調査も受け、2014年3月、完全認証を取得しています。

研究活動における不正行為防止の取組み

協和発酵キリン・協和発酵バイオは、研究活動における不正行為への対応等に関する規程および公的研究費管理規程を定め、以下の管理責任体制のもと適正に対応します。

協和発酵キリン

  • 最高管理責任者:代表取締役副社長
  • 統括管理責任者:CSR推進部担当執行役員
  • コンプライアンス推進責任者:研究開発本部長、生産本部長

協和発酵バイオ

  • 最高管理責任者:取締役常務執行役員
  • 統括管理責任者:企画管理部担当執行役員
  • コンプライアンス推進責任者:技術開発部長、マーケティング部長

研究活動における不正行為に関するお問い合わせ(通報窓口)

協和発酵キリンの研究活動における不正行為や公的研究費の不正使用に係わるご指摘がございましたら、以下のフォーム(通報窓口)よりご連絡ください。当窓口は研究担当部署からは完全に独立しており、情報提供された方に対して不利益な取り扱いが行われないことを保証いたします。
また、事実関係の調査におきましてご協力をいただく場合があります。

新しいウィンドウでリンクを開くお問い合わせフォーム

研究倫理関連指針に基づく人を対象とした医学系研究の情報公開

人を対象とする医学系研究に関する倫理指針新しいウィンドウでリンクを開くヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針新しいウィンドウでリンクを開く

人由来の試料・情報を用いる研究においては、試料・情報を提供くださる方(またはその代諾者の方等)の十分な理解が得られるよう、試料・情報提供が行われる病院等の施設で、必要事項を記載した文書を用いて説明を行い、提供への同意を文書でいただくことを原則としております。

協和発酵キリン・協和発酵バイオでは、利用目的が特定されていない資料・情報等を用いる研究については、研究倫理関連指針に基づき、以下の公開情報欄に記載されているリンク先にて、その研究内容を公開しております。

提供いただいた試料および診療情報は、匿名化されてから提供されております。研究対象となる方の住所・氏名等と試料等を結びつける情報を協和発酵キリン・協和発酵バイオが入手することはありません。

研究内容 研究対象となる方 研究概要
モガムリズマブの皮膚障害機序解明、耐性機序解明、薬効予測法の探索研究 ヒト T 細胞白血病・リンパ腫(ATL)、末梢性 T 細胞リンパ腫(皮膚 T 細胞リンパ腫を含む)患者さんで、平成16年以降に名古屋市立大学病院を受診した際に、研究、診断、診療目的で取得された血液、リンパ節、皮膚検体等をご提供くださった方 http://ncu-ketsuekishuyo.jp/wp/wp-content/uploads/clinicaltest_171.pdf新しいウィンドウでリンクを開く
消化管癌患者における免疫状態の解明と臨床的意義に関する研究 附随研究03 シーズ薬物の発展と新しい標的分子の探索 国立がん研究センターで実施中の「消化管癌患者における免疫状態の解明と臨床的意義に関する研究」に参加され、検体の二次利用に同意された方 http://www.ncc.go.jp/jp/about/research_promotion/study/list/2015-065.pdf新しいウィンドウでリンクを開く
潰瘍性大腸炎患者に対する便移植療法の有効性に関する要因の解析 順天堂大学医学部附属順天堂医院・消化器内科で実施された臨床研究①『潰瘍性大腸炎患者に対する糞便移植療法および、抗生剤療法併用糞便移植療法の有効性の検討』及び実施されている臨床研究②『潰瘍性大腸炎患者に対する便移植療法および抗菌剤療法の有効性の検討』に参加された方

https://www.juntendo.ac.jp/hospital/clinic/shokaki/activity/clinical/clinicalp/kanja06_16.html新しいウィンドウでリンクを開く

日本CKDコホート研究終了後の 継続予後調査に関する研究 -慢性腎臓病患者を対象とした観察研究- CKD-JAC研究に参加した保存期CKD患者さんのうち、以下の方
①CKD-JAC研究に参加し、調査を完遂した方
②CKD-JAC研究に参加し、調査期間中に転院した方

研究概要
(PDF:94KB/1ページ)

KW-0761投与時の皮疹の発症メカニズムの解明 乾癬、アトピー性皮膚炎、苔癬等の皮膚疾患の患者さんで、名古屋市立大学病院を受診(2009年~2012年)した際に、研究、診断、診療目的で取得された皮膚検体をご提供くださった方 http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/derma.dir/research/koukai.html新しいウィンドウでリンクを開く
2375-001試験(進行・再発乳癌患者を対象としたKHK2375の第I相臨床試験)で取得された腫瘍及び末梢血中のホルモン関連分子及び免疫担当分子の発現解析 治験外研究のための将来的な検体使用に同意してくださった方

研究概要
(PDF:77KB/1ページ)

既存シーズの発展と新規シーズの探索に基づいたがん免疫療法の開発
【Development of new cancer immunotherapies based on the evaluation of drug candidates or exploratory new therapeutic targets】
UCSD Human Research Protections Program承認下で実施された研究(IRB#120350) への検体提供の同意取得時に検体の二次利用に同意された方
【Volunteers agreed to use their specimens and information for future research under UCSD IRB approval (IRB#120350)】

研究概要【research summary】
(PDF:81KB/4ページ)

大腸癌、大腸癌以外の消化器・腹部悪性腫瘍、肺癌における免疫関連遺伝子発現のプロファイリングに関する研究(SCRUM-Japan 付随研究) SCRUM-Japanに参加され、情報の二次利用と検体の二次利用のどちらにも同意された方

研究概要
(PDF:147KB/2ページ)

※ 共同研究においては、各共同研究機関のウェブサイトの公開情報にリンクしています。



ページトップへ