CSR

文字サイズ
文字サイズ標準で見る
文字サイズ大で見る
文字サイズ特大で見る

研究・開発における倫理的配慮

創薬の研究開発プロセスにおいて、ヒト由来試料を利用した研究の重要性が増すなど、十分な倫理的配慮の必要性が高まっています。協和発酵キリンは、医薬品医療機器等法(旧薬事法)をはじめとする関連法規の遵守はもとより、ヘルシンキ宣言の精神に則り 人権の尊重や個人情報の保護、研究成果の信頼性確保するため、従業員に対する教育研修とともに、第三者認証の取得や、第三者からの審査機会を設けています。

主な取り組み

  • 研究開発で取り扱う細胞・微生物・化学物質に対しての関連法規制を遵守した適正管理
  • 国際水準の動物福祉に配慮した飼養施設維持と実験適正管理
  • 人を対象とする医学研究に対する外部委員を含む研究倫理審査委員会による科学的・倫理的な観点からの審査
  • 医薬品医療機器等法(旧薬事法)とGCP(Good Clinical Practice:医薬品の臨床試験の実施の基準)、GPSP(Good Post-marketing Study Practice:医薬品の製造販売後の調査及び試験の実施の基準)を遵守した臨床研究の実施管理

国際水準の動物福祉に配慮した飼養施設維持と実験適正管理

医薬品の有効性や安全性を確認するためには、動物を用いた実験が不可欠です。協和発酵キリンでは、動物実験に関する法令やガイドラインを踏まえた「動物実験規程」を制定し、動物福祉の観点に配慮しつつ、科学的観点に基づいて実験動物の飼養管理および動物実験を適正に実施するためのさまざまな取り組みを実践しています。

協和発酵キリン株式会社動物実験規程に基づく動物実験に対する当社の基本姿勢(PDF:138KB/1ページ)

当社は、厚生労働省指針および国際的なガイドラインに基づいて動物実験を適正に実施・自己点検しています。さらに東京リサーチパークと富士リサーチパークにおいて、2013年11月に国際的な第三者動物実験施設評価機関であるAAALAC International (Association for Assessment and Accreditation of Laboratory Animal Care International:国際実験動物ケア評価認証協会) の訪問調査も受け、2014年3月、完全認証を取得しています。

研究活動における不正行為防止の取組み

協和発酵キリンは、研究活動における不正行為への対応等に関する規程および公的研究費管理規程を定め、以下の管理責任体制のもと適正に対応します。

  • 最高管理責任者:代表取締役副社長
  • 統括管理責任者:CSR推進部担当執行役員
  • コンプライアンス推進責任者:研究開発本部長、生産本部長

研究活動における不正行為に関するお問い合わせ(通報窓口)

協和発酵キリン社の研究活動における不正行為や公的研究費の不正使用に係わるご指摘がございましたら、以下のフォーム(通報窓口)よりご連絡ください。当窓口は研究担当部署からは完全に独立しており、情報提供された方に対して不利益な取り扱いが行われないことを保証いたします。
また、事実関係の調査におきましてご協力をいただく場合があります。

新しいウィンドウでリンクを開くお問い合わせフォーム



ページトップへ