CSR

文字サイズ
文字サイズ標準で見る
文字サイズ大で見る
文字サイズ特大で見る

製薬企業としての透明性推進

協和発酵キリンは、国内外の医療機関などと連携し、革新的創薬へ向けて挑戦を続けています。医薬品を創出し、供給するにあたっては、日本製薬工業協会(以下、製薬協)が定める「製薬協企業行動憲章」「製薬協コンプライアンス・プログラム・ガイドライン」「製薬協コード・オブ・プラクティス」をはじめとする関係諸規範およびその精神に従っています。

創薬や上市後の適正使用を推進していくためには、国内外の医療機関などとの連携が不可欠ですが、その過程では利益相反(医療機関などの社会的責任と医療関係者個人の利益の衝突)が生じることもあります。そこで製薬協は、2011年に「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」を策定しました。さらに近年、患者参加型医療の実現へ向け、製薬企業の活動範囲が患者団体にも及ぶようになってきたため、会員企業と患者団体の関係の透明性を確保する目的で「企業活動と患者団体の関係の透明性ガイドライン」を、また患者団体の独立性を尊重した行動を会員会社に求める「患者団体との協働に関するガイドライン」を、相次いで策定し公開しました。
協和発酵キリンでは、これらのガイドラインを参考に「企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する指針」「企業活動と患者団体の関係の透明性に関する指針」を策定し、企業活動と医療機関や患者団体との関係の透明性を高めています。

また、グローバルに展開するにあたって、コンプライアンスを推進し、事業活動の透明性を高めていくことが重要です。米国サンシャイン法が施行され、当社グループは、米国で医薬品などを取り扱う企業として、医師および医療機関への支払いについて情報開示するための取り組みを推進しています。

協和発酵キリンの透明性推進に関する基本姿勢を以下に示します。

協和発酵キリンの基本姿勢

  1. 協和発酵キリンは、何ものにも代えがたい人々の命と健康に深く係わる医薬品事業に携わる企業として、生命の尊厳を第一義とし、科学に対する謙虚さと厳格で高度な倫理感に立脚して行動します。
  2. 協和発酵キリンは、基本的人権を尊重し、医薬品の研究、開発、生産および販売等における全ての法令・社会規範・社内規定等を遵守し、社会から高い信頼と支持を得られるよう行動します。
  3. 協和発酵キリンは、疾病を克服し、人々の健康な生活を維持・向上させるために、医療の進歩に貢献する革新的医薬品の創出に積極的に取り組み、医薬品の安全性・品質の確保、安定供給、適正使用の推進に全力を尽くします。

「企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する指針」(PDF:219KB/3ページ)

指針にもとづき、以下のサイトで医療機関等へ提供した資金の情報を公開しています。
新しいウィンドウでリンクを開く透明性指針に基づく情報公開について(外部ウェブサイトに移動します)

「企業活動と患者団体の関係の透明性に関する指針」(PDF:15.2KB/1ページ)

指針にもとづき、以下のサイトで患者団体へ提供した資金の情報を公開しています。
新しいウィンドウでリンクを開く透明性指針に基づく情報公開について(外部ウェブサイトに移動します)

新しいウィンドウでリンクを開く患者団体との協働に関するガイドライン(日本製薬工業協会のウェブページ)

透明性指針に基づく情報公開に関するお問い合わせは、以下よりご連絡ください。

新しいウィンドウでリンクを開く協和発酵キリン その他、企業活動全般に関するお問い合わせ

Get Adobe® Reader®PDFファイルをご覧いただくには、Adobe®Reader®が必要です。
新しいウィンドウでリンクを開くAdobe®Reader®のダウンロードはこちら

より高い透明性を確保した奨学寄附金の提供

協和発酵キリンは、医学・薬学をはじめとするライフサイエンスの発展のために医療機関・医療関係者の皆様との連携を深めながら事業活動を展開しています。
これらの連携には高い倫理性と透明性の確保が大切であり、協和発酵キリンでは、奨学寄附金を自社医薬品に関する臨床研究の支援方法として用いないこと、営業部門から独立した組織において利益相反を十分確認する仕組みを構築しました。

2015年からは、奨学寄附金を直接お申込みいただける申請フォームを開設しました。大学および研究機関等からの申請については、弊社委員会による関連法規、業界ルール、社内規程等に照らした審査の上、奨学寄附金提供を行っています。

2016年度の公募は終了いたしました。

2016年度応募要項

概要

【対象とする研究領域】
「腎」「がん」「免疫・アレルギー」「中枢神経」「循環器」「内分泌代謝」 

【対象とする組織】
医学・薬学の発展に貢献する研究活動を行っている以下の組織

  •  国(国立大学法人を含む)、地方公共団体(公立大学法人を含む)および学校法人が運営する大学、研究機能を有する病院の教室等
  •  ライフサイエンス系の研究部門(研究所)
対象外:弊社が既に寄附を提供している寄附講座および弊社製品を用いた臨床研究実施先(契約に基づいた臨床研究先は除く)

【申請者】  教室等を代表する最上位役職者

【申請方法】 弊社指定の申込みウェブサイトによる申請

【申請回数】 申請期間中1教室等あたり1回

【公募期間】 2016年4月1日(金)10:00~5月31日(火)17:00

2016年度の公募は終了いたしました。


ページトップへ