CSR

文字サイズ
文字サイズ標準で見る
文字サイズ大で見る
文字サイズ特大で見る

臨床研究基本方針

協和発酵キリングループは、臨床研究を通じて、医療の向上や医学・薬学の進歩、人々の健康と豊かさに貢献したいと考えています。
臨床研究に関わる際は、研究に参加される患者さんの人権保護と安全性確保のため最大限配慮しています。また関連法令等を遵守し、臨床研究の透明性の確保と、科学的妥当性・独立性・信頼性の確保に努めています。

このような臨床研究における取り組み姿勢や行動の規範をまとめた「協和発酵キリングループ 臨床研究基本方針」を制定し、実践しています。

協和発酵キリングループ 臨床研究基本方針

協和発酵キリングループ(以下、「当社グループ」という)は、「ライフサイエンスとテクノロジーの進歩を追求し、新しい価値の創造により、世界の人々の健康と豊かさに貢献します」とする経営理念をかかげています。

ライフサイエンス関連企業では、医薬品等の品質を確保し、有効性・安全性を実証するため、人を対象とした臨床研究が不可欠です。生命の尊厳および人権を尊重し、各国のルールに従って倫理的な臨床研究を実施することが社会から求められています。当社グループは、社会からの要請に応えながら、科学的かつ臨床的に意義のある適正な情報を提供することを目的に、以下の原則に基づく臨床研究を実施または支援します。

  1. ヘルシンキ宣言の理念に則り、臨床研究に参加される方の自由意思を尊重し、人権を保護します。
  2. 臨床研究に参加される方のプライバシーを尊重し、個人情報の保護および研究情報の厳重な管理を実施します。
  3. 臨床研究を実施またはその結果を申請する各国における関連法令、指針および業界規範等を遵守します。
  4. 情報公開および結果の公表などにより、臨床研究の透明性を確保します。
  5. 臨床研究の科学的な妥当性および信頼性を確保します。
  6. 上記1~5の実現のため、適切な組織体制および業務プロセスを構築し、運用します。


社会との共有価値

ページトップへ