CSR

文字サイズ
文字サイズ標準で見る
文字サイズ大で見る
文字サイズ特大で見る

臨床研究に関するポリシー

協和発酵キリンは、臨床研究を通じて、医療の向上や医学・薬学の進歩、人々の健康と豊かさに貢献したいと考えています。
臨床研究に関わる際は、研究に参加される患者さんの人権保護と安全性確保のため最大限配慮しています。また関連法令等を遵守し、臨床研究の透明性の確保と、科学的妥当性・独立性・信頼性の確保に努めています。

このような臨床研究における取り組み姿勢や行動規範をまとめた「臨床研究に関するポリシー」を制定し、実践しています。

協和発酵キリン 臨床研究に関するポリシー

協和発酵キリンは、科学的かつ臨床的に意義のある適正な情報を提供することを目的に臨床研究を推進し、医療の向上や医学・薬学の進歩、更には人々の健康と豊かさに貢献します。

協和発酵キリンは、臨床研究に関わる際、以下の原則に基づいて行動します。

1. 患者さんの人権等への配慮
ヘルシンキ宣言の理念や関連法規に則り、臨床研究に参加される患者さんの人権を尊重し、個人情報を保護します。
2. 法令等の遵守
関連法令、省令、指針および業界規範等を遵守します。
3. 透明性の確保
臨床研究の透明性の確保に努めます。
(1)臨床研究の資金提供者が協和発酵キリンであることを公表します。
(2)臨床研究の情報は一般に公開し、研究結果を公表します。
(3)臨床研究を不当な取引誘引の手段としません。
4. 科学的妥当性・独立性・信頼性の確保
臨床研究の科学的な妥当性、独立性および信頼性の確保に努めます。
(1)臨床研究が、科学的根拠に基づいて計画および実施されていることを確認します。
(2)臨床研究の研究結果や研究の中立性に疑念を抱かせるような行為はしません。
5. 契約に基づく臨床研究の実施
臨床研究は契約に基づいて実施します。契約締結に際しては、主に以下の点を確認します。
(1)研究実施施設等との役割分担、費用負担等が明確であること。
(2)研究者や研究実施施設等が、臨床研究を実施できる要件を満たしていること。

制定日:2014年8月28日

協和発酵キリンの臨床研究については、以下をご覧ください。


ページトップへ