CSR

文字サイズ
文字サイズ標準で見る
文字サイズ大で見る
文字サイズ特大で見る

健康と医療に携わる一員として

協和発酵キリングループは、医療に携わる一員として、人々の健康な生活と医療の発展の一助になることを願い、事業を通じて培った資産を活かした取り組みをしています。

啓発の取り組み

患者さんや一般の方々の健康な生活の実現に向けて、病気や健康に関する情報提供を行うとともに、チャリティーなどを通じて病気への認識普及に取り組んでいます。

病気と健康の情報サイト

協和発酵キリンは、患者さんやご家族、一般の方向けに、病気の原因、症状、治療法、日常生活で参考にしていただける情報を紹介した病気と健康の情報サイト(日本語)を運営しています。
現在は、慢性腎臓病、糖尿病、花粉症、皮膚のかゆみ、夜尿症、パーキンソン病、骨髄異形成症候群(MDS)、特発性血小板減少性紫斑病(ITP)、造血幹細胞移植のテーマでウェブサイトを開設しており、内容の充実、使いやすさ、わかりやすさの向上に努めています。

慢性肝臓病(CKD)のサイトにページ遷移します。

糖尿病サポートネットのサイトにページ遷移します。

花粉症の症状に悩む人たちの情報サイト 花粉症ナビのサイトにページ遷移します。

皮膚とアレルギーの情報サイト かゆみナビのサイトにページ遷移します。

夜尿症 おねしょナビのサイトにページ遷移します。

パーキンソン病 サポートネットのサイトにページ遷移します。

骨髄異形成症候群 MDSナビのサイトにページ遷移します。

特発性血小板減少性紫斑病 ITPナビのサイトにページ遷移します。

造血幹細胞移植について

また、協和発酵バイオは、健康成分の作用とその期待される効果を分かりやすく説明した「健康成分研究所」を運営しています。

市民講座の実施

講演会(富士工場)の様子

協和発酵キリン富士工場では、2005年より、地域住民を対象に「健康」をテーマとした講演会を毎年実施しています。2016年は、「パーキソン病とアルツハイマー型認知症 治療の現状とこれからの可能性」と題した講演を実施し、103名の方にご参加いただきました。

チャリティーイベントへの参加

韓国協和発酵キリンは、収益金の全額を小児がん患者さんに寄付するマラソン大会へ、社員やその家族約60名が参加し、参加費を寄付しています。

Kyowa Kirin USA Holdings、Kyowa Kirin Pharmaceutical Development(アメリカ)は、パーキンソン病患者団体を支援するTHE PARKINSON ALLIANCE®が主催するチャリティーマラソン大会へ、社員やその家族が参加しました。Kyowa Kirin USA Holdingsはスポンサーとしても協賛しています。チャリティーで集められた資金はパーキンソン病の研究のために使われています。

協和醱酵麒麟(香港)有限公司は、香港腎臓学会が主催するゲートボール大会に参加しました。

ライフサイエンスに携わる一員として

協和発酵キリンは、産官学連携を通じて、医療の向上や医学・薬学の進歩、さらには人々の健康と豊かさに貢献しています。

また、サイエンスに興味・関心を持つ層の広がりを願い、バイオテクノロジーに関する情報発信や、次世代を担う研究者へ助成活動を行っている加藤記念バイオサイエンス振興財団へ寄附しています。

新しいウィンドウでリンクを開く公益財団法人 加藤記念バイオサイエンス振興財団

抗体やアミノ酸の情報サイト

協和発酵キリングループは、一般の方にも、サイエンスを身近に感じていただけるよう、当社グループの特徴である抗体やアミノ酸の解説を、Webサイトを通じて行っています。

協和発酵キリンが運営する「抗体医薬品サイト」では、「抗体医薬品~最先端の治療薬」をテーマに、抗体医薬品の特徴や有用性を開設する情報を発信しています。また、協和発酵バイオが運営する「アミノ酸ナビ®」では、アミノ酸の特徴などの基礎知識や、特長を活かした幅広い用途を解説しています。



ページトップへ