毎日の食事で気をつけること

慢性腎臓病(CKD)患者さんが毎日の食事で注意すべきことは、病気の進行度や性別、年齢、生活状況によって違います。かかりつけの病院に相談して医師や栄養士のアドバイスを受け、進行度にあった食事をこころがけましょう。

病気の進行度はステージ(病期)によって分けられています。自分のステージ(病期)についてはセルフチェックで確認してみましょう。

CKDの進行度における食事療法のポイント

CKDステージ G1〜G2

この時期に必要なことは、他の生活習慣病(高血圧・糖尿病・高脂血症)に対する注意と共通しています。

塩分の摂りすぎに注意しましょう。食塩摂取量の基本は、3g/日以上6g/日未満です。
バランスよく、適量を食べ、肥満に気をつけましょう。
エネルギー必要量の目安は25〜35kcal/kg標準体重/日です。
たんぱく質は過剰な摂取をしないように気をつけましょう。
1.3g/kg標準体重/日を超えないことがひとつの目安です。

CKDステージ G3〜G5

腎臓の機能が低下してきているので、腎臓をいたわるための食事が必要です。

たんぱく質の制限
たんぱく質は、体を作るもとになる大事な栄養素ですが、
腎臓に負担がかかる“燃えかす”がでるので、必要以上に摂らないように制限する必要があります。
各ステージの目安は「表:CKDステージによる食事療法基準」を参考にしてください。
塩分の制限
塩分を摂り過ぎると体に水分がたまり、血圧が上がったりむくみが出たりします。
高血圧になると腎臓に負担がかかりますので、塩分の摂取を制限する必要があります。
食塩摂取量の目安は3g/日以上6g/日未満です。
十分なエネルギーの補給
エネルギー不足の状態では、栄養状態が不良になったり、
体のたんぱく質がエネルギーとして使われ、腎臓に有害な“燃えかす”が増えてしまいます。
エネルギー必要量の目安は25〜35kcal/kg標準体重/日です。
カリウムの制限
ステージにあわせて、摂取を制限する必要があります。
制限の目安は、ステージG3bでは2,000mg/日以下、G4〜G5では1,500mg/日以下ですが、服用している薬や症状などで変わってくる場合がありますので、医師や栄養士のアドバイスを受けるようにしましょう。
リン・水分の制限
症状にあわせて、摂取を制限する必要があります。

表:CKDステージによる食事療法基準

ステージ
(GFR)
エネルギー
(kcal/kgBW/日)
たんぱく質
(g/kgBW/日)
食塩
(g/日)
カリウム
(mg/日)
ステージ1
(GFR≧90)
25〜35 過剰な摂取をしない 3≦ <6 制限なし
ステージ2
(GFR 60〜89)
過剰な摂取をしない 制限なし
ステージ3a
(GFR 45〜59)
0.8〜1.0 制限なし
ステージ3b
(GFR 30〜44)
0.6〜0.8 ≦2,000
ステージ4
(GFR 15〜29)
0.6〜0.8 ≦1,500
ステージ5
(GFR<15)
5D
(透析療法中)
0.6〜0.8 ≦1,500
かかりつけの病院などにご相談ください。

注)エネルギーや栄養素は、適正な量を設定するために、合併する疾患(糖尿病、肥満など)のガイドラインなどを参照して病態に応じて調整する。性別、年齢、身体活動度などにより異なる。

注)体重は基本的に標準体重(BMI=22)を用いる。

注)BW=body weight(標準体重)

「慢性腎臓病に対する食事療法基準2014年版 表1 日本腎臓学会編/東京医学社」より一部改変

腎臓病の人のために低たんぱくの特殊食品があります。これらを上手に活用するのが長続きのコツです。
腎臓の機能が低下するにつれ、より厳しく食事を管理する必要があります。また、糖尿病の患者さんは血糖管理のため、エネルギー制限が加わります。食事内容は自己流で判断せずに、医師や栄養士の指導を受けて決めるようにしましょう。

腎臓病を悪化させないために 薬物療法について

気をつけたい生活習慣

ページTOP