健康経営

社員一人ひとりの『健康で質の高い豊かな人生の実現』に向けて

協和発酵キリングループでは、従業員の生涯を通じたQuality of Lifeの向上を図ることで、『健康で質の高い豊な人生の実現』を目指すため、2015年5月に協和発酵キリングループ健康宣言を発信しました。
グループ全体で、「個人のワークとライフの充実」と「会社の成長」を同時に達成すべく、健康経営を推進しています。

協和発酵キリングループの健康経営

グループ各社では、「生活習慣の改善」「がん対策」「ストレス対策」「働き方の改革」の4つテーマについて取組の方向性を共有し、健康維持増進のための環境整備や各種の施策が進められています。


【主な取組事例】
・定期健康診断における法定を上回る検査項目の追加(生化学検査、がん検診等)
・健康に関する各種講演会の開催
・産業医、外部委託等によるメンタルヘルス相談体制の整備
・ウォーキングキャンペーンの開催
・スポーツクラブの優待利用
・禁煙外来の補助
・疾病予防に関する費用の補助(人間ドック、インフルエンザ予防接種、ピロリ菌除菌他)
・就労継続支援(がん治療と仕事の両立支援、傷病による長期休務からの復職支援)

健康経営のKPI

2018年からは、健康経営の数値目標として「KHKグループ Wellness Action 2020 GOALS」を掲げています。
この活動を通じて、次期中期経営計画における更なる飛躍の土台づくりとして、従業員の健康上のリスクを最小化すると共に、前向きで活力のある職場の形成を目指します。



健康経営に関する外部評価

経済産業省と日本健康会議では、2017年より、特に優良な健康経営を実践している企業や法人を「健康経営優良法人(ホワイト500)」として認定しています。

健康経営優良法人(ホワイト500)
協和発酵キリンは、これまでの取組が評価され、2107年、2018年と2年連続で「健康経営優良法人(ホワイト500)」の認定を受けています。
協和発酵キリングループでは、一人ひとりの健康を第一に考え、家族も含めたより高い次元の健康に向けた活動をこれからも推進していきます。