抗体医薬品 〜最先端の治療薬〜

トップページ>抗体を知ろう! : どんなかたち?

抗体はどんなかたちをしているの?

抗体は、一般的にY字の形で表現されます。
それぞれ2本のH鎖(重鎖:分子量の重い方)とL鎖(軽鎖:分子量の軽い方)によって構成されています。また、抗体には可変部と定常部があり、抗原の違いにより様々な構造に変化する部位を可変部、ほぼ一定の構造を有する部位を定常部と呼んでいます。
可変部は、様々な抗原に対応できるよう、抗体の多様性を形成します。
H鎖の定常部は、構造の違いにより5つの種類(アイソタイプ)に分類されます。

イラスト:抗体のかたち