抗体医薬品 〜最先端の治療薬〜

トップページ>抗体医薬品を知ろう! : どうやってつくるの?

抗体医薬品はどうやってつくるの?

抗体医薬品は、モノクローナル抗体を主成分としており、遺伝子工学の手法を用いて作製します。
効果と安全性を種々の試験で調べて、基準を満たしたものだけが抗体医薬品として使用されます。

・モノクローナル抗体の作製方法

マウスに抗原を投与すると、体内では抗原に結合する抗体を産生するB細胞が作られます。
抗体を産生するB細胞と、無限に増え続ける能力を持った特殊な細胞(ミエローマ細胞)を融合した細胞(ハイブリドーマ)からモノクローナル抗体を作ります。ハイブリドーマは、2種類の細胞が持つそれぞれの特徴を両方とも有しており、抗体を産生し、無限に増殖する能力を持ちます。