抗体医薬品 〜最先端の治療薬〜

トップページ>抗体医薬品を知ろう! : 抗体医薬品ってなに?

抗体医薬品ってなに?

抗体医薬品とは、生体がもつ免疫システムの主役である抗体を主成分とした医薬品です。
一つの抗体が一つの標的(抗原)だけを認識する特異性を利用します。

イラスト:抗体医薬品ってなに?

抗体医薬品は、副作用の少ない効果的な治療薬として注目されています。ゲノム解析により、創薬のターゲットとなる抗原分子が特定されていくことで、抗体医薬の可能性が拡大していくことが期待されます。