テーマ一覧へ
2/10 10 SOUNDS OF LIFE SCIENCE RESERCH PARK | RESERCH PARK Music by no.9 | リサーチパーク  X  no.9 | 誰がその違いが分かるのっていうことを永遠にやり続ける 2/10 10 SOUNDS OF LIFE SCIENCE RESERCH PARK | RESERCH PARK Music by no.9 | リサーチパーク  X  no.9 | 誰がその違いが分かるのっていうことを永遠にやり続ける 背景写真
no.9イメージ写真 Tokyo, Japan Interview with no.9 | 10 SOUNDS OF LIFE SCIENCE
「試験管のように、音の一粒一粒を機械に入れて永遠に続ける意識は、音楽家も研究者も同じ」 「試験管のように、音の一粒一粒を機械に入れて永遠に続ける意識は、音楽家も研究者も同じ」

Inspired by Research Park リサーチパーク Inspired by Research Park リサーチパーク

協和発酵キリンは、新薬の研究開発拠点として東京リサーチパーク(東京都町田市)と富士リサーチパーク(静岡県駿東郡長泉町)を設けています。

リサーチパークは、世界をリードする革新的な医薬品をよりスピーディーに創出することを目指しています。創薬技術の確立や、医薬候補品の探索、臨床試験に進めるための研究開発、製品化された医薬品の改良などの一連の活動 ―いわば医薬品の「種」を探し、その「芽」を大きく成長させ、「花」が咲いた後も大切に育てる― そんな研究開発に取り組んでいます。

すべては「患者さんのためにより良い薬をより早く届けたい」、その思いのために。

link 協和発酵キリンの研究開発について
link いのちを支える私たちの研究(動画)

Research Park リサーチパークイメージ写真

link 東京リサーチパーク

Research Park リサーチパークイメージ写真

link 富士リサーチパーク

no.9 | no.9 no.9 | no.9

「音と共に暮らす」をテーマに日々の暮らしに寄り添う豊かでメロディアスな楽曲を生み出す作曲家・城 隆之のソロプロジェクト。
90年代初頭からサウンド制作・作曲活動を開始し、97年にno.9名義でエレクトロニクスとアコースティックの融合による作品制作を開始。最新作『The History of the Day』が現在も大きな反響を呼ぶなか、『usual revolution and nine』、『Good morning』など7枚のフルアルバム作品をリリース。
体温のある音楽として、TVCMやWeb、映像作品など数々の広告音楽の制作、大手航空会社など主要交通機関のチェックイン端末やオフィス機器など日々進化するテクノロジーと共に多数のサウンドデザインを手がけている。実績と経験に基づく緻密なサウンドデザインと幅広い音楽性を併せ持つ作曲家でもある。

橋本徹氏監修の名コンピレーション『MELLOW BEATS,FRIENDS&LOVERS』を始め、数多くのコンピレーション作品やスクウェア・エニックスのリミックス作品集『Love SQ』、坂本龍一氏のトリビュート作品『 - Ryuichi Sakamoto Tribute - 』にも参加している。

同時に彼の率いるバンドセット[ no.9 orchestra ]では、no.9の音楽作品にギターやドラム、ヴァイオリンやピアノといったフィジカルな音楽性が加味され、フルオーケストラを想起させる壮大なライブパフォーマンスを披露。代官山UNIT、金沢21世紀美術館でのワンマン・ライブを始め、恵比寿Liquid room、渋谷 DUO、O-nest、Club Asia、月見ル君想フなど各所で会場を包む圧倒的な存在感で、多くのファンを魅了し続けている。 2014年、初のバンドアルバム [ Breath in Silence ]をリリースしている。

link official site

X